スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 というわけで色々あった週末から帰ってきました。

 まず、土曜日。朝4時ごろ出発して館山へ。本当の目的は平砂浦。ここで朝まずめにサーフのシーバスとヒラメと本格的にサーフ初挑戦と行こうと思ったのですが、徹夜で眠くて眠くて館山まで行けそうに無いので途中の富津に様子見。
 
 しかし天気予報では雨と強風のはずが着いたときには晴れと凪。ウインドサーフィンの人たちが風が無くって岸近くでセイルが倒れたり、浜で休憩してます。これは今のうちに出るしかない!と出撃。しかし、雨の影響か水が白にごり。水深30センチくらいしか見えない。しかしカヤック漕いでると驚いたイワシの群れが跳ねる。ベイトはかなり入ってる。しかし30分もしないうちに物凄い豪雨。しかも、雨の境目が見える。海面をみてるとどんどん南の方から水面がざわついてくる。で、戻り始めるもセイゴっぽいもじりが見える。が、全く食わない。1、2回バイトらしきものがあったが渋い。

 その後は南側に移動。うねりは南南西からなのでここは綺麗に入ってるはず・・・・と、予想通り波がブレイクしてた。しかし人人人。なのでお昼になれば少しは海から上がるし帰る人も居るだろうと寝ることに。

 ここで問題、何回しかしって使った?


 気がついたら3時でした。急いでシーガル来てボードにワックス塗って海に突撃。まだ割れてる。しかし、最初はついつい板が走り出すとたってしまおうとしておいていかれる。もう2かきくらい。で、今度はたつ余裕が無し。寝すぎたのかすぐ波が小さくなってしまった。
 それでもなんとか粘る。波には乗れるが立てない。周りも気づいたらロングがほとんど、一人だけミニボード。ショートではなくミニ。自分ひとりだけファンボード。やっぱりもう南にいくべきだったか・・・・

 暗くなってきたので海から上がり、一日の片付け。ルアーとかウェットスーツについた塩を流してると、電気浮き仕掛けを持った人が・・・そうだメバルがいるじゃないか!というわけで飛ばし浮き仕掛けでメバル狙い。が、岸際2mさきに水面ぎりぎりのテトラが入ってて釣りしずらすぎる。諦めきれないので富津でシーバス。
 しかし、これも超絶渋い。コモモ、サスケ、あとなんかミノーと流していくがまるでルアーが背中にあたったかのようなこんという超ショーとバイトのみ。ひどい。

 諦めてFunさんに遊びに。掘り出しものの中古ルアーとタッチー情報を仕入れ、今度は太刀魚を釣りに。その前に第一釣具を見て翌日の投げ大会の餌をチェック。すると・・・・・・あるではないじゃないですか(どっちだ?)あのキスの特餌と呼ばれる東京スナメが、通称チロリ。
速攻電話して立教組の分も仕入れようとすると・・・・天気が悪いのであまり仕入れていないらしい。奥に残りを見に行って3パックならなんとかあるとのことで、3パック購入。しかも、2パック表にでてたのでそれプラス新しいパックひとつ詰めればいいのに。3人で分けて一人だけ生きが悪いと不公平だから全部新しいの詰めたから公平に3人で分けなさい。と神様のようなお言葉。

 その後、太刀魚釣りに。しかし昼間サーフィンしただけあって波が高い。堤防の先端は波かぶってる。諦めて浜からキャストするも反応なし。というか古いラインなので短くなってて下巻きまでキャストしても並みのブレイクくらいしか届かない。それにしてもいい波だ・・・・綺麗なグーフィー。ここに移ればよかった・・・・じゃなくて太刀魚。諦めた

 コンビニで仮眠。する暇も無く立教と合流して竜島へ。もちろんここで大人しく寝るわけも無く釣り。まずはエギング。港内は水が悪く反応なし。そして竜島堤防の付け根でしゃくると反応なし。それでただ巻きすると・・・・コン、グングンと魚の感触。今度はルアーでサーフを攻めるも不発。気づいたら大会受付開始の40分前。もう寝るという選択肢は完全に消えたので起きてるアホどもでだべってました。

 紆余曲折あって大会開始。速攻で車で岩井へ。しかし前を走る車の運転がひどい。ちかちかちかちかちかちかちかブレーキランプが点灯する。アクセルすら緩める必要の無いカーブでも一瞬チカとブレーキランプがつく。なんとか岩井に着く。
 今回はシーバスロッドでサーフの左端から右へとせめて行く予定。2投目でなにかヒット。引かない。ゴミかと思いきや小さい渡り蟹。がっちり口にフッキング。これは外道賞かと期待してキープ。その後、移動しながら探っていくとヒット、バレル。あたり、しかし乗らない。やっとヒット、キャッチ。しかし10センチちょっと。その後もあたりはあるが乗らない。めちゃくちゃ渋い。キス釣りってこんなだったっけ?と思いつつ、釣り。なんだろう仕掛けがわるかったのかな。6号の3本針、普通の仕掛けだったのに・・・・それともプラスティックの天秤?竿?

 でも、波打ち際パターンなのはわかった。けどシーバスロッドで届かない沖にはパラダイスがあるかもと堤防に移動。去年はここで成城のお手伝い、そして成城からは準優勝や3位がでた。今年は・・・・・・色々駄目だった。まず皆天秤の道糸を結ぶところと錘をつけるところが反対だ。初心者に教えてるやつが勘違いしてた。初心者に長い仕掛け使わせてたらしも長くて竿に全く負荷がかかってない投げ方とか、堤防の石積みの隙間に上半身突っ込んで犬神家の一族やってたり、よく聞くと助けて~と言ってるし。しかし、落ちを最初にいうと天秤を勘違いして、初心者を指導して、犬神家の一族ごっこをやっていたこの男が2位だった!人は見かけによらない。ちなみに優勝者も同じ釣り場です。そう私も・・・・・

 同じ釣り場でとりあえず天秤の上下もきちんとわかっていて一人チロリを使っていて負ける要素が全く無い私が何故入賞どころかウェイインすらしてないかといいますと・・・・・・ジグしゃくってました。以上!!

 いや、だってさ成城の女の子が可愛かったんだもん。釣った魚を喜んでキープしてるし鯖くらいお土産に持たせてあげたくなるじゃん。なんて嘘です。いやこれが嘘です。60%くらいほんとです。正直大会とか順位とかどうでもいいんです。なんか自分の順位を赤でネットにのせたり経歴に喜んで学釣連なんとか大会優勝とか3位とか並べてるの見ると他にもっとましな書くこと無いの?たかだか学釣連って恥ずかしくないの?って思っちゃうくらいですから、ええ、ほんとは眼鏡をかけた黒髪の理知的美人が好きなだけです。嘘ですって、いやほんと。

 まあくだらんキモイ釣りオタクコンテストの盾より女の子の笑顔のほうがいいわけですよ。直訳すると、キスを百匹釣るよりイナダ一匹釣るほうが楽しいって意味です。ええ、飽きたんです。つれないし、ちっちゃいし、竿をちまちまさびくのが。でもキス釣りは結構好きなのでリベンジしないと・・・・渋くない時か一杯つれるところで

 というわけで竜島まで戻り一部では工作船とか呼ばれてたカヤックに乗り沖へ。しかし風が強い。パラシュート入れてもあっという間に沖へ流されていく。それに渋い。いつもの島周り攻めるも定置網のロープ以外に魚探の反応なし。キスも渋けりゃ鯖も渋い。2時間やってノーヒットノーラン。諦めて帰り始めるとアジと思わしき底べったの反応。そして、イワシの反応見つける。が、魚はついてないよう。サビキもないし。

 が、ここで堤防ではぽつぽつ釣れた話を思い出し。堤防沖の水深40mラインを攻める。もう魚探は見ない。フォースを使う。時刻は大会終了前20分。毎回底まで沈めてショートジャークであげてくる。強いフォースを感じる・・・するとガンと一瞬ジグが止まる感触、そのまましゃくりあげると4回くらいかな?やっとガツンとジグが持ってかれる。
あがったのは全長で30センチくらいのワカシ。ここでタイムアウト。浜に戻る。

 さて、獲物を手に意気揚々と戻ってきたものの成城勢が戻ってこない。どうせ、新人の女の子とそれを教えながらの支部長一人だから順位には絡まないからいいかなと思っていた。
 で、先ほどの落ち。この支部長なんと2位。15分もウェイイン時刻に遅れてきて、要綱には1分マイナス10gと明記してあったのに減点なし。なんて心の広い委員長なんだ。私はカヤックに乗ってしまったのでウェイインは辞退させていただきました。ワカシも外道賞で計っていいよとおっしゃってくださいましたが、カヤックに乗ればキスも釣れますし、少しでも不正の可能性がある以上適当ではないと思うので。
 ちなみに流石に支部長も賞品は辞退したようでその賞品はじゃんけん大会の景品に。それをゲットしたのはなんと成城の1年生の女の子。皆で帰ってきたと大騒ぎしてましたね。いいこともあるもんだ

 ちなみに釣ったワカシは一匹。新入生は3人。というわけでその場で刺身にして食べることに。立教の新入生にも食べさせてあげたかったけど呼んだころにはすでに立教は番屋へ旅立ってしまったらしい。
 ワカシの内臓をとっていると、ヘラ委員長が騒いでる。俺の財布が無い。落とした!と。皆で話しをきくと釣りしてる間車に置いといたらしいが、探してもないらしい。車のなかじゃんと言うと無い。サイドポケットとか後ろは?と聞いても絶対に、絶対に車には無いと言い張る。それで支部長がじゃあ、堤防で落としたんじゃん?あそこテトラみたいになってるからその穴に落としたのかも。というわけでヘラ委員長は新入生を釣れて財布探しの旅に・・・・おい!女の子連れて行くな、刺身どうするんだ!!目を血走らせ、よだれをたらし唸りながら、刺身(と俺と支部長)の周りを回遊する野郎ども(主に海洋の皆さん)。なんとか死守しようと・・・・支部長食ってるし。

 もちろん石積みの堤防。穴なんて星の数ほどある。どの穴に落ちたかなんかわからないから見つかるはずも無く、ヘラ委員長は帰ってこない(もちろん新入生も)。そして支部長の一言「日が当たってるし、悪くなっちゃうから食べちゃおう」。この一言で伝説が生まれた。そうだ、温まって悪くなるなら冷やせばいいんだ。そして生まれたのがこれだ!!
F1010009.jpg


ワカシの刺身標柱盛り

最初は3枚に下ろす過程で魚の皮にそのまま乗っていたのだが、クーラーの板氷に盛ってみました。これは釣具店の立方体なので次回はコンビニの平らな板氷でやってみたい。そしてもう諦めて皆で食べようとなったとき飢えた野獣が群がって一瞬で無くなった。一人だけ支部長がバクバク食べた気がする

 その後、ヘラ委員長から電話。財布が見つかったらしい。しかしその時の支部長の応対が「いや、別に怒ってないからさ、泣くなよ、泣くなって、たかま」。本人いわく別に泣いてたわけじゃないらしい。しかし、泣いてもいいんじゃないか?俺らが、結局どこにあった?って聞いたときにはプライドのためお答えできませんって言ってたのに、番屋行って他大の人に聞いたらサイドポケットにあったって言ってたよ。と教えてくれた。プライドってなんだ?

 まあ、もちろん美味しい(というか油で腹にたまる)食事に、後輩に女の子、なかなか抜けられず・・・・富津に着いたのは5時ごろ。皆さんちょうどぞくぞくと帰着中。昨日あんだけ釣れなかったんだ、皆も渋いんだろうと期待?して話を聞くと、もっちさん10匹。チャンプの後輩さん80アップ、そして知り合いの皆さんも渋い渋いといいながら1匹やぽつぽつ釣ったというお話を聞く。なんかもう自信をなくした。まあ、歴戦の猛者達には叶うわけも無いか。

 着いてから話題はやっぱり80アップ、そしてmedakaさんが新艇を買ったらしい。艤装してあったからあれは試乗じゃない。赤かった。あれはハリケーンカヤックだ。

 そう、あの13フィートで20キロ。ちょうど日本上陸したばかりのハリケーンカヤック。ちょっと持たせて貰うと流石に20キロだけあって激軽とはいかないけれども・・・・やっぱり事件だ。あれは軽い。しかも軽いから加速が速いらしい。

 まだまだあるけど長くなったのでここまで。おつかれさまでした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

若いってすばらしいね。

その勢いで人生の荒波も乗り切ってください。

とりあえず今度お店に来るときは女子大生を連れてくるように(笑)

この勢いで乗り切れるといいのですが・・・・流石にこの後ダウンして、翌日の天気調べて諦めて帰ってきました。

 次回こそ太刀魚に挑戦。そのあと寄ります・・・女子大生はいないですけど(笑)。バスかシーバスのときにでも・・・多分・・・・きっと・・・・
プロフィール

インプ乗り

Author:インプ乗り
 Double×Crossの管理人、本家サイトにはリンクからいけます

立教大学5年崖っぷち。趣味は釣りと車と・・・勉強(嘘。で、シーバスとかソルトルアーを・・・・最近は勉強をメインに活動。最近公務員試験の勉強を始めました。

 セミナーでとあるプロが放った一言「じゃあどんなレベルの話しをしようかな・・・手を上げてください。まずとりあえず100匹は釣って初心は脱した人」・・・・・とりあえず100匹以上は釣って初心者は脱しました。最大81センチ、カヤックだと85センチ。目標はとりあえず90オーバー。最終的にはメーター狙い。あと5キロ以上の青物が釣りたいと思う今日この頃

2010年の目標は、イカ、鯛、シイラ、メータースズキ、ブリの順です。多分大学生最後の一年・・・・全部クリアして燃え尽きてから社会人になりたい

2009年から何故かツンデレキャラになりました。コメントもらうとめんどくさい。でも嬉しい。勘違いするなよ・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログカウンター
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。