スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徐々に奇妙な郵便局

 というわけでデイシーバスについて第二回です。

 その前にちょっと小ネタを

新手のスタンド使いの攻撃か?


 なんか電磁的な攻撃を受けたようです。犯人はメタリカだと思います。磁力を操るスタンド。まあメタリカだったら咽からハサミとか剃刀がでてくるんですけどね。

 先日ヤフオクの代金を振り込みに郵便局に行ってきました。それも桶川の本局に。でかい郵便局だからATMが三台ならんでます。お昼過ぎなので着くと3人ほど並んでいたんですが、ちょっとまって自分の番が来て真ん中のATMへ。

 そして、吐き出される通帳。画面には向きを確認して再度入れてくださいって出てた。向きを変えて入れる。また出てくる。今度は表裏を逆に。でも出てくる。普通の向きにしても出てくる。そんなこんなで6回くらいやり直したら遂に、この通帳は取扱できません。窓口の開いている時間帯にそちらへお持ちください。みたいな画面が出てきた。

 窓口の方に行って整理券を貰って待つ。自分の番号が表示され、通帳を持って、ATMで窓口に行けって画面が出たと説明して、渡すと・・・どうやら通帳の磁気データが飛んでいたらしい。それで新しい通帳へ。その手続きが長い。自分は待っているだけなのだが滅茶苦茶長い。そして、しばらくして新しい通帳が渡された。ポケットティッシュ一個と共に

 当初の目的を果たすためにATMコーナーに行くと、6人ほど並んでおる。頭の中で素数を数えて落ち着きつつ、時間を潰す。やっと自分の番だ。そして後ろをみると。並んでない。なんでさっきまであんな並んでいたのに。なんの波だろう。

 まずは400円しか入ってない口座に千円入金。よし、ちゃんと使えるぞ。入金したら、ありがとうございましたって画面がでて通帳が吐き出された。連続取引ってできなかったっけ?しょうがないのでまた通帳を入れると・・・・・・・

 今度は一発で、この通帳はお取り扱いできません。窓口の開いている時間に手続きをしてくださいみたいな画面が。
 落ちつけ、落ち着いて素数を数えるんだ。

 もう一度窓口の方の整理券配ってるお姉さんに事情を話して整理券を貰おうとすると、整理券ではなくそのままさっきの担当のおばさんのとこに。もう一度調べてもらう。しばらく待ってやっと原因が判明。どうやら磁気情報が壊れたときに暗唱番号も飛んでしまったらしい。なのでこれから暗唱番号を再登録しますのでお待ちくださいと言われた。

 待合の席は一杯。後ろの方に回される自分の通帳。自分が待ってる間にどんどん人が入れ替わっていく。そうして今度こそ渡される通帳。

 後ろを振り返れば・・・・ATMに並ぶ長者の列orzなんで?さっきまで空いてたじゃん。

 そんなのってないよ。あまりの事にスタンドが発現しそうになったわ。最も恐ろしいスタンドが・・・あのスタンドって磁気記録製品壊しそうだけどどうなんだろう?

 前回ゆうちょの通帳使った時も、みずほの通帳とまとめてポケットに入れてた。今回もゆうちょとみずほの通帳をポケットに入れてた。保管時も一緒。このあとみずほ銀行いったのだが、ゆうちょの通帳が死んでたからみずほも駄目かもとビクビクしながら行ったのだがみずほの通帳は生きていた。

 前回も同じ日に使用、ずっと一緒にまとめてもってたし保管時も一緒に保管。今日も一緒にして持って行ったのに何故かゆうちょの磁気記録だけが飛んでました。




 貴様、見ているな?

 というわけでジョジョネタから急遽、デイシーバスに関して第2回です。前回は途中で飽きたともいう。発端は、デイシーバスは中層から下を狙えるもの、例えばヨレヨレとかがいいんですか?みたいなメールをいただいたのですが、後輩から。説明しようとしたら長くなる。携帯のメールじゃ見難い。写真は、魚よりも背景に注目。色々と後輩連れて行ってますからね。誰か一人くらいは背景でどこかわかるでしょ。

 前回までのおさらい

 基本的に日中は中層より下。特にブレイクや底にある障害物や変化に着いてる奴が多い。ニュートラルな奴もいるが、基本的に表層にはいない。少なくとも人間からは見えない深さに陣取ってる。鳥からも身を隠したいだろうからさらにしたかな。ただし、餌を探してる時や追ってる時は、別。つけたすとベイトのレンジ、もしくは一つ下。2つ下から突き上げて食べてすぐ戻っていくを繰り返す事もある。
 もしくは壁などの縦ストラクチャーに寄り添う事もある。この場合は水深も基本は見えない所より深い所。水の透明度または、足元の岸壁が抉れてたりして上から見えないと案外浅い所にいるんじゃないかと思う時がある。岸壁際表層をスローのただ巻きで引いてるとでてきたりするし。



世界中の大好きを引き連れて、君に届けたい思いは一つ。今現在徹夜明け。奥井亜紀のハレルヤを聞きつつおかしなテンションで再開中です。一回疲れたので上で切ったんです。 世界中の大好きを集めても君に届けたい思いに足りないって方が有名ですかね?懐かしす、魔法陣グルグル。あの何だかよくわからない漫画って評価が非常に秀逸だと思う。内容よりも表現のほうが。多分漫画で爆笑したのはあれが初めてだと思う

 
 まあ、前回までのはあれですよ。わざわざ魚のいる所までルアーを送り込んで、ゆっくりと見せてじらせて食わせるって感じです。湾ベイトなんかまるっきりそんな感じです。バイブのただ巻きもそんな感じ。

 ここからはリアクションの釣りにかんしてです。別に、波がかかったら大げさに騒いだり、なにかゴミをひっかけたらフィッシューーー!!とかってことではないです。魚に反射的に手?というか口を出してもらいます。例えるなら今までの方法は、合コンに行って甲斐甲斐しい所をじっくり見せたり、長い時間を掛けて振り向いてもらう方法ですが、今度の方法は男の悲しい性質を利用し、胸に詰め物を入れて上半分か下半分をだしつつ、超ミニスカートなんか履いて街を歩く方法です。男は反射的に振り向いちゃうもんなんです。横島忠夫なんかは特に

 今までは、デイゲーは中層、下層だと書いてきました。これは魚のレンジがそうだからで、魚のレンジに送り込む方法です。今度は、ルアーのレンジに魚を引っ張り上げる方法です。その為には魚の反射を使います。私達がルアーで釣る魚は肉食魚なので猫のような性質があります。急に動くもや速く動くものを追ってしまったり、手とか口をだしちゃうんです。

 方法その1、単純に速く。もう速く、ひたすら速く。魚なんか釣るつもり無しでルアーを回収するつもりで巻く
もしくは青物やシイラを釣る感じ。
 想像してみてください。あなたが回転ずしに行った時に、プラスティックの展示用サンプルの寿司が流れてきてもとったりしませんよね?でも、レールが時速60キロで流れてたらどうでしょう?あなたは、イクラが食べたい。流れてくるイクラらしき物体。今取らなきゃ行ってしまう。これを逃したら次いつ回ってくるかわからない。意を決して取るとプラスティック製。レンジバイブがお薦めです。もう速い分には大丈夫です。自分で思う速めからもう何も考えてない全速巻きまで。シーバスの捕食をみる事ができればわかると思いますが奴らはルアーより遥かに速く泳げますから

 方法その2、ジャーク。というよりルアーを横っ跳びさせるんです。方法は竿をあおって戻す、リールを巻く、煽って戻す、リールを巻く。この竿を戻すって動作が大事です。
 初めて富津岬に行った時の事です。ルアーを投げると30から40のセイゴが山のように追ってくる展開でした。初めての富津。初めてこんな沢山魚が居て大興奮だったのですが全然釣れないんです。ルアーの後ろをついて来るだけ。それじゃあただ巻きでゆっくり誘える湾ベイトでもと思っても一匹釣れただけ。あとはX68SWで交通事故的にぽつぽつ。
 この時、もう一度振り返りました。ジャークとはなんぞや。と、バスでは普通に釣ったしシーバスでも釣ったことあるが、今日のどこが悪いんだろうと。今江克隆の黒帯Ⅵを思い出しました。スーパースレッジの三段跳びに関して。そうだ竿を戻すんだと

 それからは一日中1キャスト1ヒットが続きました。竿を戻すことによってラインが緩み、ルアーが自由に動くのです。張ったままだと動かない。この緩んだ時の動きが魚の最後のスイッチを押すのです。具体的には身をよじりながら斜め上に上昇する動きです。それが止まりかけた瞬間に魚がかっさらっていきますから。この時は生涯最高の時間だった。魚がいつ食いつくかをコントロールできた。パン、パン、パン、次で喰わせよう、パン、竿を戻す、ゴンみたいな感じで
1011_20110504052413.jpg
 初めてのカヤックフィッシングシーバス、カヤックフィッシングとしては3回目くらいでメジャーを積んでなかった。このルアーのどんな動きがいいのか、いつシーバスが食いつくタイミングなのかは榎本さんのDVDシーバスライブで見れると思います。部室に置いてあったソルト&ストリームの付録DVDの体験版?みたいなシーバスライブで見れましたから

 最も重要なのは食わせの間だと思うので先に書いちゃいましたが、なんでこんな横っ跳びをさせるのか考えてみたいと思います。

 前回、ゆっくりだと見破られる。だけど速すぎると魚が食べようかな~と迷ってるうちに射程圏外にでてしまって追いつけないと書きました。だからブレードだけは速く動いて移動はゆっくりな湾ベイトとか、体を揺らすウォブルのピッチは速くて移動はゆっくり目なバイブなどがデイゲームで効くんじゃないかと。考え方はこれと同じです。今度はミノーを速く動かすけど移動はゆっくりの状態に持って行きます。これがジャーキングの目的その2です。

 例えば、10m先にルアーを着水させます。普通にルアーを巻いて来ると10秒かかるとします。これが通常の状態です。この場合ルアーは一直線に泳いできます。この状態で、着水点は10m先、回収までの時間は10秒という条件でルアーのスピードだけを上げるにはどうしたらいいでしょうか?




 まあ、その・・・ここまで説明してきたんですから何も考えなくともジャークですよね。着水点つまり自分とルアーとの距離、そして何秒後にこの距離を0にしなければならないと決まっていて移動速度を速くしなければならないなら、残りはルアーの移動距離を増やすしかないですよね。

 普通に10m先にキャストしたルアーを巻いて来ると二点間を結ぶ最短距離は直線ですからまっすぐルアーはやってきます。ジャークすると竿をあおる勢いでルアーは加速して速くなりますが、軌道がジグザグになるんです。

 ここでルアーの着水点に偶然通りがかった腹ペコの魚を登場させてもらいましょう。魚は着水から足元まで10m追っかけてきます。
 ただ巻きの場合は、着水から回収まで10秒。魚が追いかけた距離10m、ルアーが移動した距離10m
 ジャークの場合は、着水から回収まで10秒。魚が追いかけた距離10m、ルアーが移動した距離15m

 どちらも人間からみたら10mさきから10秒かかって自分のとこにきたので秒速1mと速度は変わりませんね。魚も追い掛ける距離は10mで変わりません。でも、魚にとってルアーの動きはどちらが速いでしょうか?同じ距離しか追い掛けてないにも関わらず、魚の体感的にはジャークでジグザグに動くルアーの方が速いのです。つまり細かい認識がしずらい。時速60キロのサンプル寿司の例えのようについつい手に取ってしまいやすいのです。
 これがジャークにおける、動きは速いけど遅い・・・非常に矛盾した表現ですが・・・・よく釣れる動きです。ただし、速く動いてる分、魚には手を出し難いので、魚にとって今だ!!チャーンスと思えるような食わせの間が必要になってきます。そのためにジャークをしていてここで食わせたい。ここぞというタイミングでは竿を戻してください。

 他にもリアクションの釣りで岸壁ジギングなんてのもあるのですが・・・長くなったのでこれは割愛。行く人は現場で聞いてください。もしくは行く前に
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インプ乗り

Author:インプ乗り
 Double×Crossの管理人、本家サイトにはリンクからいけます

立教大学5年崖っぷち。趣味は釣りと車と・・・勉強(嘘。で、シーバスとかソルトルアーを・・・・最近は勉強をメインに活動。最近公務員試験の勉強を始めました。

 セミナーでとあるプロが放った一言「じゃあどんなレベルの話しをしようかな・・・手を上げてください。まずとりあえず100匹は釣って初心は脱した人」・・・・・とりあえず100匹以上は釣って初心者は脱しました。最大81センチ、カヤックだと85センチ。目標はとりあえず90オーバー。最終的にはメーター狙い。あと5キロ以上の青物が釣りたいと思う今日この頃

2010年の目標は、イカ、鯛、シイラ、メータースズキ、ブリの順です。多分大学生最後の一年・・・・全部クリアして燃え尽きてから社会人になりたい

2009年から何故かツンデレキャラになりました。コメントもらうとめんどくさい。でも嬉しい。勘違いするなよ・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログカウンター
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。