スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレデタープロフィッシュ艤装、魚探編

 ちょっと艤装しました。

 まずは、ターポンからの進化
P3190033.jpg
 股の間に魚探用のスペースと振動子を落とす穴があいている。いいねぇ、いいねぇ、最っ高だね。と言いたいところですが問題が発生。

 使ってる魚探がNAVMAN社のFish4432。魚探本体、充電式のタバコを5箱重ねたくらいの大きさのバッテリー、そして10m以上ありそうなぶっとくて固いコード。とてもじゃないが魚探スペースに入らない。

 これが、単三型内臓のホンデックスのHE-51Cならいいんだろうが。カラーだし。配線も一本だけだし。

 Fish4432も3年目に突入したので壊れたら次は絶対ホンデックス。いいところもありますけどね。まずは二周波、使いこなせてない。説明書読んだり実物でいじってみてもどっちがどっちの周波か書いてない。今度試してみよう。標準で振動子に水温センサーが付いている。本体が完全防水、水に沈めても大丈夫。端子との接続分は心配だが一応水かぶりまくっても壊れてない。
 その代り魚探を出てすぐに配線が分岐、一本はバッテリーへ。もう一本は非常に太く固く長いバッテリーへの線。カヤックには向かなそう。輸入代理店というか、某+なんとかの対応がひどい。


 結局魚探を置くスペースがあるものの、魚探一式入りきらないのでハッチの中にバッテリーを置いて、魚探もハッチの上に増設するためにマウントを埋め込んだ。

 手作業。
P3290003.jpg
 NHKの発表とか見つつ、ながら作業ができるのがいい。
P3290004.jpg

 とても防水性に優れた船らしいので船体はいじらずにハッチを加工。

 本当はサイドのトグルをつけたい。サイドに持つ所が無いのがこんなに陸上で扱いにくいとは・・・。ボコボコのザラザラにしてしまいそう。しかし、内部に通ずるハッチがセンターハッチないの蓋しかなく内部にアクセスできない以上、リベットかタッピングビスになるのだろうか。そのつけ方で持ち手をつけるともげそうで怖い。折角浸水の事を考えて作られてるのに水が入ってしまいそうだし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

インプ乗り

Author:インプ乗り
 Double×Crossの管理人、本家サイトにはリンクからいけます

立教大学5年崖っぷち。趣味は釣りと車と・・・勉強(嘘。で、シーバスとかソルトルアーを・・・・最近は勉強をメインに活動。最近公務員試験の勉強を始めました。

 セミナーでとあるプロが放った一言「じゃあどんなレベルの話しをしようかな・・・手を上げてください。まずとりあえず100匹は釣って初心は脱した人」・・・・・とりあえず100匹以上は釣って初心者は脱しました。最大81センチ、カヤックだと85センチ。目標はとりあえず90オーバー。最終的にはメーター狙い。あと5キロ以上の青物が釣りたいと思う今日この頃

2010年の目標は、イカ、鯛、シイラ、メータースズキ、ブリの順です。多分大学生最後の一年・・・・全部クリアして燃え尽きてから社会人になりたい

2009年から何故かツンデレキャラになりました。コメントもらうとめんどくさい。でも嬉しい。勘違いするなよ・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログカウンター
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。