スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリオネア復活!マグの構造と鯰と正装

 ミリオネアCV-Z205復活!祝!!

 ミリオネアが復活しました。それで初めてマグブレーキの構造を知りました。よくマグブレーキは常にブレーキが効いている状態。シマノは高回転時だけ、だからシマノは最後の一伸びがある。と聞いていたのでダイワは常にブレーキが効いていると思っていたのですが違いました。

 これが御存じダイワのマグブレーキ。
P5230033.jpg
 この灰色の部分が磁石で、常にこれが引っ張ってると思ってたんです。

 今回、格安で買ったミリオネア初期のスプール
P5150019.jpg
 ないんです。本来ならスプールに青いプラスティックのパーツがあるはずなのに・・・・

 パーツNo16。確かなんとかバランサー。上州屋で注文したものの、もう生産終了で取り寄せられない。ミリオネアSW203の同じ部分のパーツを注文してもらったら、問い合わせたところミリオネアCV-Z203の同じ部分のパーツなら取れるとのことで注文。

 届いたらら・・・・パーツが赤い。この時点でかなり不安。

 一応組みつけてみた。
P5230027.jpg

 この赤いパーツこんな台形の形をしていて
P5230029.jpg
 キャストをしてスプールが高回転すると遠心力でそとに押し広げられます。
P5230031.jpg
 そしてインダクトローターを上に押し上げ、磁力の影響化に入ってブレーキが効くと

 最初は、ねえ?マグブレーキって知ってる?別名「マグフォースV」 フレミングの運動量を借りて、バックラッシュを減らしたりできるもんなんだけど.... こう言うのを言うらしいのよね!ってネタを考えていたのですが多分誰にも通じないかと・・・この前のバス釣りで後輩には通じることがわかった

 まあ5000円+送料+パーツ取り寄せ210円でこの性能ならよしとしましょう。でもやっぱりダイワでZっていう名前の割にはまだ飛距離が物足りない気がする。

 
 それから、上のスプールの写真の背景でもピンボケで映ってますが遂に見つけました。
P5240039.jpg
100円ショップのケミカルライト!某ケミホ○ルのパクリです。値段は両方とも100円ですがこちらはなんと8本入り。ケミ○ダルは2本入り。後輩(女子)と31アイスクリーム食べに行って、ちょっとダイソー寄ったら置いてありました。近所のダイソー5件くらい回ってどこも75サイズしかなかったのに・・・パートのおばちゃんはケミカルライトのみを手に持った若い男女二人組をどう見てたんだろう・・・お金があったらもうちょっと買っておきたかった

 これ、本家よりちょっと長いのですが径は一緒なのでキャタピーやケミ改造ジッターバグにそのままつきます。明るさはちょっと本家におとります。いや、結構おとりますが、30m先でも一応見える。ロングキャストの軌跡が見えにくい位。ロングキャストの着水直後の当たりも食い込んだかはちょっと微妙にわかりにくいですが全然使えます。ないよりは100倍まし。
 土曜の夜7時にパチリと割って光らせて深夜0時前には冷凍庫へ。そして存在を忘れ去って月曜の夜10時に取り出してみたら
P5240034.jpg
 まだまだ使える。冷凍庫で凍らせると最初は光りませんが指で触ると光り出します。温度で反応が変わるみたいですね。
 小学生低学年の時、お祭りやディズニーランドでもっと長いのを買って、帰ってから冷凍庫に入れて凍らせても次の日にはひからなくなってたのに。技術の進歩ってこんな小さいとこでもあるんですねー。
 本家との違いはあと、中の液体が偏る。気泡が大きい。上の写真でわかるとおり長さの割に光ってるのは7割くらい。本家は二重になってたり、気泡自体も少ないし偏らない工夫が見てとれます

 それから、釣りの正装を買ってきました。
P5240038.jpg
 BDU。バトルドレスユニフォームです。つまり迷彩服。思うんですがバスって絶対こっち見てますよね。派手な服装で魚が散る。というか人間見たら魚が散る。地元の奴は最高レベルに賢いので、人が除いても逃げない。下げていたロッドを見せると逃げる・・・・どこぞの研究所で改造されて逃げてきたんだろうか。ちなみに銃の方はP90とファイブセブンを狙ってます。本当は89式小銃の曲銃床式が欲しいのですが・・・お金ない。左利きってこういう所でも割を喰うんですよね。P90は左右完全対象のユニバーサルデザイン。ノーマル89式は普通のは右利き用にストックが微妙に削られてるらしい。折り曲げ式なら大丈夫。

 本当はF2000とバレットM82で御坂妹装備とかやってみたいのだが・・・・。両方とも日本のメーカーで出てない。マルイさん早く作って~。M82は出てたのかもしれないが、多分手が出ないお値段

 一番近所は、デザートストーム川越なのでこの色にしました。目指せシマックス!!試験終わったら始めたい。

 
スポンサーサイト

鯰開拓~ミリオネア復活の軌跡~

 どうしても今日はミリオネアで釣り行かないといけないので行ってきました。 

 昨夜は朝起きると異様に手首が痛かった。捻挫くらいには痛い。なんでかなー、思い当たる節がないなーと思ってました。昼寝してたらメールで起こされました。日本刀で槍相手に切り合う、何とか勝って逃走、潜伏という剣道部時代を思い出すかなり嫌な悪夢だったのですが、起きてすぐベッドの梯子を踏み外し落下。痛い

 メールは大学の後輩なのですが急に暇になったので明日?だか明後日にバス釣りに行きたい、空いてますか?って感じの内容で、実はその子の出身高校が私の地元の高校なのです。そして、その高校の裏には田んぼの用水路が通っていてこれはもうここで釣らせてやるしかないだろうと魚の確認に出撃。

 それで、この用水路で思いっきり滑って転びました。土手というか川岸?をゆっくり下ろうとしたら滑って思いっきり尻もち&手をついて、そのまま滑落。

 ひねったって感じは無かったのですが折れてる感じではないので捻挫というか内出血でしょう。あんまり痛くない。朝から手首が痛いのはこの時の痛みの前借か、はたまた警告を発していたのか・・・・・

 夜、風呂にはいったら超絶痛くなりました。やっぱり内出血していて温めたので大量出血したのでしょう。

 ちなみに1バラシでした。明るいうちに田んぼから流れ込む排水溝の下にキャタピークリッカー落としたら、何やら怪しい影が浮かんできてそのまま激しくバイト、ルアーをひったくって行ってそのまま乗りました。ラインがたるんでて合わせ入れられなかったんですが急いでラインスラック取って合わせたらまだくっついてた。でも足元で抜き上げようとしてバラシ。その後、暗くなってから同じとこでまたポチャ喰い。

 
 本日は手首痛くて行くか、絶対行くか。行くわけないだろ。って感じだったのですが・・・ヤフオクで格安で落としたミリオネア。スプールに部品が足りません。
P5150019.jpg
 この部品、もう生産終了でつくって無くて取り寄せできなかったのですが、違う型番の203のだったら同じ部分のパーツが取り寄せできるとのことで取り寄せてもらいました。ただし付くかは不明。それを着けて駄目だったら速攻返品のお約束だったので、今日部品が届いたとの電話を受け、泣く泣く取りに行って組み込んで出撃です。

 昨日と同じ高校の裏。今日はもう草まで踏み込まない。とりあえずキャスト練習と様子見です。ブレーキはばっちり効きました。でもダイワのZってほどの飛距離は出ない。TDZはもっともっと飛んだと思うんだけどな。CV-Zはいまいちなのかな?でも5000円でしたし、クラッチの戻りが悪いとのことでジャンク品扱いだったので一応返品は無しで大丈夫そう。

 ここで、犬の散歩をしていた老夫婦と会いまして、物凄くお爺さんに食いつかれました。様子見で下流に行っていて草ボーボーでとても釣りできる状態じゃないのですがお爺さんに「何が釣れんの?鯰?何で釣るの?ここで釣れるの?向こうの○○川はどうだ?やって見せてよ。草はこうやって倒していけばいいじゃない」とやたらアグレッシブに藪こぎまでするお爺さんでした。話を聞くと、釣りが好きなんだけど避難で道具が持ってこれなくて釣りができない。っておっしゃってたので福島からですか?と聞いたらやはり福島から。ということは少なくとも4キロ位離れたとこから散歩に来たのか・・・往復8キロ。健康で何よりです。避難の話を聞く前に前日滑落してたので土手に入るのが怖くてやってみせてよって言われた時辞退したのですがやってみせればよかった。次回があればよいのだが

 ブルーになりながらも暗くなったので帰るかどうか迷いながらちょっと北上して様子見。魚は出してないが鯰釣りの人と遭遇した川・・・に流れ込む用水路を発見。最近鯰が居るとこといないとこがわかってきた。川につながっていてもコンクリの段差やダムの放水みたいに川にそそぎこんでる所は駄目。川の合流のようになってる小川や用水路は絶対に鯰が入ってる。
 ここは流れは超絶速く、それこそ渓流魚じゃないと昇って行かないんじゃない?って小さくて流れのきつい水路。でも100mほど昇ると両岸ともコンクリ護岸ながら水路幅が3倍くらいになってるので流れは緩くなってる。それでも小規模な川の瀬くらいの速さはある。でも両岸がコンクリートで固められてるので草は生えてる物の足場は結構いい。ここなら釣りできそう。流れは速いけど・・・
 それでも奴らは入りこんでる。
P5200020.jpg
同じ魚、竿との大きさ比較
P5200021.jpg
あまり大きくない。余裕で抜きあげ。

もう一匹
P5200022.jpg
画像がぼやけてるのはきっと霊的な何かではなく、口にくわえて照らしてたLEDライトのせいだと思いたい・・・うん、きっと。

 昨日すっ転んでから、自ら上半身だけはい出て足を掴んで引きずり込もうとする半腐乱状態の女の人の霊が怖くなってきた。きっと昨日写真を撮ってたら映ってたんだろうな・・・・

 とりあえずミリオネア復活です。丸型リールはかっこいい

 

 

ナマズというよりバックラとの戦い

 昨日、もう日付変わったので一昨日ですが遂に家から5~6キロの車で20分とかの場所にてナマズ開拓に成功しました。チャリでも余裕で行ける。
P5130007.jpg
P5130011.jpg

 おまけに平らなコンクリで歩きやすい。水面も近い。これなら初心者女子も行ける!ってもう初心者女子と行くような事は無いんだけどさ。
 今回から投入のミリオネアがバックラ連発。鯰人62MLも今回から投入ですがこっちは最高。

 この日は1時間も釣りしてないんですが、プライヤー落としました。その後はずっと川沿いを南下しながら家まで帰って。それからケミホタルはもったいなかったので家に帰ってビニール袋に入れて口を縛って速攻冷凍庫へ。

 今日は昨日落としたプライヤーを回収しに行ってきました。海洋のオニカサゴさんと一緒に。冷凍庫から出したケミホタルはまだ光ってました。むしろこれを書いてる午前3時。未だに十分光ってます。

 とりあえず明るいうちにプライヤーを回収。無事落ちてました。そしてすぐ薄暗くなったので昨夜目星をつけていた場所に駐車。私がバックラリールと格闘してる間にオニカサゴさんのルアーに何度もナマズがアタック!ボシャン、パシャピチャン、ゴポという音で集中できない。暗くなると反応無し。

 川を下ると他のナマズ釣りの人がいて、挨拶をすると今日は活性が高いとのこと。そのまま釣り下ろうとするも遂に致命的バックラ。なおんない。しかもオニカサゴさんも反応が得られないとのことで一回車に戻る事に。

 途中で先ほどの釣り人とお話をしてハサミを借りてバックラを補修。ハサミで切らないと治らないバックラって酷過ぎるな。本当に記憶にない。少なくともここ6年はしていないはず。小学生の時はしまくってたけど、何が原因なんだろう。マグブレーキが一切効いてない感じ

 その釣り人の方ポイントを休ませてる最中らしく無駄話に付きあっていただきました。県内の国立大のマスターの人らしく歳も近いしオニカサゴさんと二人で色々とお話させていただきました。オニカサゴさんがまだ殆どナマズ釣ったことないと言うと「ここなら絶対釣れますよ、そこ投げてみてください」とのありがたいお言葉が

 私は付近を流していると
P5140014.jpg
 ちっちゃい、最小レコード

P5140015.jpg
 これも小さい。

 オニカサゴさんは出たものの、ルアーに出ただけで竿に手ごたえさえなかったそうです。もう時間も20時半だったので最後、前日私が一人勝ちしたポイントを最後ちょろっと打って行くことに。

 オニカサゴさんに先打ってもらって、私が後ろから拾っていく感じ。私のルアーは、初心者に貸したら向こう岸のコンクリやら岸にヒットしてヒビいり水漏れしたのでエポキシで修理したら重くなって泳ぎが悪くなったのでフロントフックを外したキャタピーのチェックを兼ねてキャスト。長い!

 で、フロントフック外したらちゃんと泳ぐようになりました。チュポンとバイトがあってそのままヒット。でも抜きあげのとこでばれちゃいました。小さかった。

 そして、ブレードを微調整したチューンドジッターのテスト。釣れました。
P5140016.jpg
 最少記録更新。お持ち帰りして水槽で飼いたいサイズ。

 帰りについにヒット!
P5140018.jpg
 いやー釣っていただけて何よりです。牛丼おごっていただきました。御馳走様でした。

 とりあえず地元の開拓完了です。出会った釣り人に「ここは殆ど知られていないが知る人ぞ知るポイントでその筋の人たちには有名な場所だ」って言われました。何も知らずにこの街で生まれて23年間。何百回と前を素通りしてました。多分ナマズはどこにでもいるのでしょう。近くの川の浅くてトップに出やすい。キャスト、というかルアーを引くスペースがある場所をやってみると結構釣れるのかもしれません。昨日は葦でルアー引けないとこでジッターバグを足元に落としてピ茶ピ茶上下させてたらナマズがバイトしてきてルアーが50センチ位飛びました。きっとどこにでもいます。

 まだあんま使ってませんが、鯰人最高です!まず掛かる。全然フッキング率が違う。ナマズがルアーに触るようになる。あと多分フッキング受付時間が大幅に伸びてる。固い竿だとゴンの一瞬だけど鯰人ならナマズが喰ってルアーが沈んでって追随するのでその間にフッキングすれば掛かる感じ。固い竿と違って引き味も楽しめる。グラスなのでブチ抜ける。ナマズ以外にもどんどん使いたい。多分今年最高の買い物


 そして、今年最低の買い物
P5150019.jpg
 マジでブレーキが効かない。やっぱりこの写真の位置にパーツがハマってるはずですよね?プラスティックの板。逆にパーツがハマってないのならOK。パーツ無しで正常でこのブレーキじゃ速攻ドナドナコースです。


 冷凍庫に入れればケミホタル一本で2日連続釣行できます。今はそうそう暇がないのでもう使う機会は無いのだけど。でもケミホタル25は二本入り。開封済みの袋にもう一本入ってる。パチリと折らなければ袋は開けても結構もちますよ

ダイワ ミリオネアCV-Z250

ダイワのミリオネア買いました。ヤフオクでクラッチが戻らない時がある5000円。
P5130001.jpg
P5130003.jpg
P5130006.jpg

びっくりするほどかっちりしてる。精密。なのでスプールがマジで止まりません。ハンドル回しながらクラッチ切るとシャーーーーーーーーーーーーーーってずっと回ってる。自分が知ってる中で一番回る。もうすげーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 バックラ連発ですorz

 メカニカルブレーキは8分の5のジッターバグがクラッチ切っても落ちて行かないレベルに締めてマグフォースは10段階中最強の10。それでも滞空中に普通にバックラ。目的地半ばあたりでバックラ。スプールから指を話せるのは一瞬だけです。常に指を当ててないとバックラする。飛距離もダダ落ち。偶にクラッチが戻らない事がある。クラッチ切ってハンドル回してカチって音がしてもクラッチが戻りきって無くて空回り。でも本当に稀だし、指で押しあげれば完全に戻るから問題なし。

 それでも一応ナマズは釣ってきました。昨日今日で一杯。ドラグもベイトリールなら及第点。というかかなりいいほう。不満は一つ。絶対にマグブレーキが全く効いてない。

 昨日今日散々いじくって気付いた。
P5150019.jpg
 このスプールのなかの円の直径の部分に空白があるけどここにはバランサーのプラスティックが挟まってなくちゃいけないんじゃないのかな?CV-Z105とか103とか、TD-Zとかダイワの他のリールだとそうなんだけど・・・CV-Z205だけ特別ってことないよね?やっぱりそのプラスティックがないからブレーキ効かないのかな?

 なんだかんだ言って今日の最後らへんは普通にキャストでき始めてた。でも常に指当てだし神経使う。もっと楽なはず。TD-Zもリベルトピクシーももっと全然らくだった。トライフォースZだって。このままだとまたメタニウムXT97に戻さないと・・・

 ナマズには丸型!というか鯰人に合うように丸型を買って見たんだけど、ブレーキが何とかならないとこれは失敗だわ。最近後輩とバスに行く約束してるのでメタだけだときついので買ってしまった。

再生怪人の悲哀

 なんで再生怪人って弱いのでしょうか?最初はあんなに苦戦したのに再生○○になると途端にやられたり、再生軍団で束でかかって行っても返り討ちにあう。物語の進行上ヒーローはどんどん強くなって行くので仕方ないのでしょうが

 自分の世代では再生怪人なんて言ってもわからない人が多いのでフリーザさまですかね。あんなに苦戦して、みんなやられてスーパーサイヤ人になった悟空がやっと倒したのに。復活したフリーザさまはコルド大王と共にトランクスに瞬殺。最近の強さのインフレがとんでもなく激しいジャンプ漫画においては、今までの強敵が復活。新キャラや覚醒した主人公に瞬殺されて、あの○○を一瞬で!みたいな扱いか。今までは強い敵キャラだったのに気付いたら量産されて雑魚敵あつかいに。
 昔のジャンプ漫画と言えばラッキーマンの三兄弟、そして父親の三本柱マンの表す通り、努力・友情・勝利だったのですが最近のジャンプ漫画は才能・覚醒・勝利らしいです。もう滅茶苦茶だ、救いも何もありゃしない

 さて、そんなわけで弱いかもしれませんが再生してみました。
P5120038.jpg
P5120040.jpg
P5120041.jpg
 ポップXの定番の破損ですよね。向かって左側の唇が折れて完璧に無くなっていたので再生。尻側のウェイトを固定するピンも折れてウェイトがフリーになっていたのでそちらも直しました。

 やり方は、ニュースを見ながら瞬間接着剤を折れた所に少しつけてサーフボード補修用のガラスクロスのほつれた糸を切って貼って。また瞬間接着剤を着けて糸を貼って、の繰り返しで大まかな形を作って接着剤で固めてから、紙やすりで削っただけです。リューターが動けばもっと完璧にできそうですね。
 この方法ならリップが半分とか一部欠けたX80SWもなんとか直せそう。
 このポップXは先月ヤフオクでジッターバグ2個セットに付いてきたおまけです。割れていたのでジャンク扱で本当にただのおまけ。しかし、修理なんかしない人にとってはおまけというかゴミ?

 メガバスのルアーって破損しやすくないですか?特にX80。SWなんて大抵リップ割る。ポップXもウエイトが外れて使い物に無くなった人が一杯いますよね。釣れる動きのためには耐久力を削らなければならないのだろうか。

 今朝の3時半から5時半まで鯰人投げてきました。結果は一回だけでました。多分バスかギル。池だったので。

 それにしても節電の影響でどこも真っ暗。怖すぎる
 

ナマズ始めました

 いつもなら釣行記の後にちょろっと付けたす感じの事ですが新しくナマズってタグを作りたかったので分けました。3篇同時更新の最終章です。

 5月9日の釣りの後、釣具屋に行ってきただけです。

 試験前・・・無性に釣り具が欲しくなったりしませんか?仕事が忙しくて釣り行けない時に、気付いたらルアーが溜まってたりしませんか?ふと、冷静になってタックルボックスを漁ると。5年かかっても消費できないような大量のワームがでてきたりしませんか?しかもタックルボックスに飽き足らず部屋の引きだしや棚とかから。

 それの勢いで竿買ってしまいました。探しに探して、もう保証書欲しいし新品で買う!って所で先週の火曜くらいに見つけちゃいました。中古を。ランクCで15800円。でも今なら決算セールで10%オフ。取り置きも10日までならしますよって言われちゃったらしょうがない。試験が終わって速攻行ってきました。

 午前中しか釣りできなくとも行ってきたのは半分はこれ目当てです。ナマズ専用に!
P5100010.jpg
 スーパースカウトマスター!!って冗談です。竿袋無かったので、中古でいいので安い竿袋コーナーってありませんか?って聞いたら店の奥漁って店員さんがつけてくれました。

こちら
P5100012.jpg
 状態Cって書いてあったんですが、店員さんとのメールで、非常に備品でお薦めの品です。って書いてあったのでおかしいなーって思ってたんです。備品ってきっと美品のことでしょ?Cなのにどっちが正しいんだって。
 実物は写真の通りグリップのビニールが剥がされてない。ブランクに2か所ほど点傷。多分倒した時に石でもあたったのか?線傷見当たらない。グリップエンドに土の汚れが少々。コルクのビニールの縁が少し汚れてる。どっかのお店が仕入れて、店長さんがどんなもんかと1回か2回実釣りして売りに出したって感じ。そんくらい綺麗。Cってなってたなら入力ミスですって言われました。掘り出し物を当てた予感。実際に見に行って良かった。

 そう、P5100015.jpg
です。鯰人です。NAZ-62MLです。

 グラスロッドだし折れないだろう。グラスなら抜けないし。折れることないなら保証書もいらないでしょう。と中古にしてみました。
 人生初のグラスロッド。(コンポジットはちょっと前に買って見た)。
 今までは上州屋のセットもので7年。ダイコーのサイラスの602Mが2年。カーディフのトラウトのベイト。ダイワのチームトルネードのL。エバーグリーンのテムジンのコブラM、インスパイアのトライアンフMH。ジャクソンのモスバックM。最近ダイコーのフォーミュラスティック70MH。そして66Mだったかな?ガイド割れてるのを買ってきて自分で新しいガイドを付けた。

 こう振り返ってみると人生初のグラスに人生初のML。楽しみだ。

 作った人には申し訳ない。でもナマズ専用にするつもりは全くないです。バス釣りたい。小さめの巻き物が楽しそうだ。コンバットクランクミニにD-zoneFly,それからTN50.ジャバロンも面白そう。あとは何よりトップ。バブルトルネードにポップX。もちろんジッターバグも。楽しみでしかたない。

 ライトルアーのサバも面白そう。抜き上げ楽勝そうだし。あとはカヤックシーバス。何度かベイト持ち込んだけれどもミノーのジャークがやりにくかった。竿が固かったらラインスラック出し難いし、ベイトの巻き上げ長だとラインスラッグ回収も大変。今度は人巻きが60半ば以上あるベイトと組み合わせたら楽しそう。あと90サイズのバイブはあまり使わない。秋でも70サイズ。なのでこれで巻き物とかすっごい楽しそう。

 と夢ばかり語っていても仕方ないので早速釣りに・・・行きたいところですが今週ずっと雨ですね。

 カヤック55ユーストリームでプレゼントが当たりました。
P5040007.jpg
ありがとうございました!でも袋を開けてびっくり。物凄くでかい。ほんとでかい。重い。ビッグベイトレベル。バスでこれを投げる勇気は無い。これはナマズで使って見ろという天啓だろうか。

 イベントが目白押しですね。中古ルアーは、卒業を機に寄贈という形で部室に殆ど置いてきちゃいました。チャリティーフィッシング・・・絶対釣れない。29日は、一昨日予定が変わったので行けそうです。前日の疲れでダウンしてなければ竿やリールやらを出したいです。カードで買ってしまったが鯰人代をねん出せねば・・・今月は車の税金ですね。きつい

 そういえばいつもガイドしてもらってる川。千葉からの下道での帰り途に何度も何度も通ってる川だったんですが・・・あわよくば買ってそのまま釣ってやろうと探索してみました。事前にリールとルアーは車に忍ばせておいたので。

 いつもよりちょっと下流。本当に川って感じ。橋周りしか降りられなさそう。両岸ともかなりの草でハイチェストウェーダーとかフル装備っぽい。いつもより上流はいい感じだが、道が細い。車止められるとこが無さそう。明るいうちにもっと探そう。
 さらに帰り途でもっと上流・・・水が無い。

 これから田んぼの時期で水が増えるので今は釣りができないような地元の水路が気に成ります。



 

母の日のプレゼントは?

 3連チャン更新の真ん中は5月9日の釣りです。本当は4連チャンでもう一つ、日曜日の特別区試験ってのがあったんですが暗い話題というか本当にしょうもない感じなので。問題持って帰れるのでネタにしおうかなと思ってたんですがやめました。ちなみにこんなような問題がでました。

 12リットルの樽満タンにワインが入ってる。5リットルの枡と7リットルの枡を使って6リットルずつに分けるには最低何回移動が必要か。

ア10回
イ11回
ウ12回
エ13回

 小学生でも解けそうですよね。多分小5の時の自分にやらせたら瞬殺する気がする。パット見で捨て問臭が漂っていたので飛ばして最後余った時間で5分以上懸けたのに解けなくて泣いた。ミキシーで愚痴ったら、「で、結局は答えは?」とか書かれてたので専門試験が終わった後の休み時間にやったら3分掛からなかった。というかもっと全然速かった。泣いた。模試がちょうど3月12日で中止になってテスト慣れしてなかったんですで。自分では平気だと思ってたんですが大分焦っていたようです。

 ちなみに教養試験は50問出題で40問にこたえればOK、22問は必答で残り18問は選択できます。こういう数的処理問題は必答に入ってます。時間は1時間半。1問に掛けられる時間は2分30秒です。この問題の後に資料解釈っていう表やグラフを見て、小数点第3位まで計算しないといけない一問5分から6分かかる問題が続くので他の問題に掛けられる時間は実質1分とか2分です。文章理解で英文もあるし。

 愚痴っぽくなってしまいましたね。教養試験は結構普通の人でもできる問題が多いです。問題は時間です。専門は多分・・・大卒の人がやってもほぼ全滅すると思う。市役所は、教養、論文、面接だけのとこもあるのでそこを狙うのもいいかもしれない。

 
 そんなこんなで2時間も寝てない状態で試験受けに行って、帰ってきて用意して、仁見て、寝ようとしたけど寝れなくて深夜2時出発。5時半到着の釣りの話です。母には事前に母の日だからってなにもしなくていいからねって言われたので、8日は試験だから何も考えてなかったって行ったら。合格通知を持ってこいって言われました。通知が送られてくるのは1月半以上先なので何もなし。では悪いので大好物のイカでも釣ってこようと思ったんです。

 渋かった。




 以上。終了


 ってわけにもイカないですよね。イカだけに。坊主だからイカない。昼から強風が吹く事はわかってたので午前中勝負。もちろんキャスティングタックルももって行ったのですが。ティップランでは1杯か2杯はでるだろう。あとはアジでも釣った方がお土産の見栄えがいいなんて考えてティップランとアジサビキの体制で逝った所玉砕しました。午前中は完全に穏やか。ほぼ無風。ティップランなんかできなかった。一応普通のエギしゃくってみるもガイドに絡まる。

 アジはいなかった。



 ここまで読んでくださった方に朗報です。何も得るものはありません。釣れている情報も、なにか技術とかアイディアとか。すっから管です。試験の愚痴を聞かされただけです。


 でも、逆説的に千葉はもうのっ込みに入った。来週はシャローの藻場のキャスティングでボコボコだぜ!と思うかは自由です。

 釣果はスミイカ一杯
P5090008.jpg

 このスミイカ凄いです。新種かもしれない。まず色がスミイカっぽくない。模様がほぼない。釣った時にやったーきた。おお引くひく。でかいかもキロアップか?いやエンペラの泳ぎが無い。スミイカ?引いていて姿が見えて、あの色はアオリイカか。でも形がコウイカだ。いや、アオリだろ。ネットに入れてアオリっぽい。でもやっぱりコウイカ。
 問題はこの後。墨吐かないんです。全然。一滴も黒い液体を履かなかった。ネットに入れたまま写真とったり、クーラーに水汲んだり。ぺたぺた触ってみたり、エギ外したりしても吐かない。ブシューとか、ブシュって出しても墨じゃない。水中を見ると確かに何か吐いてるっぽい。透明なネトネト?
 スミイカなのに墨を吐かないなんてなんて殊勝な奴だ!と思って帰ってクーラー開けると一面真っ黒。

 あとイカパンチが一回だけありました。

 次回は普通のエギングがしたい。

 帰りFUNさんで再度のトグルを購入しました。今度つけたいと思います。


カヤックフィッシング注意点

 今回から鯰タグを新設したりするので今までなら一回分の釣行記を3つにわけます。日焼け編と釣りとお買いものに。

 まずは日焼け編です。これから増える?であろう釣りガールや漕ぎガールは気になる事でしょう。

 では、日焼け編です。率直にこんな感じになります。
P5100018.jpg
P5100019.jpg
 朝は雨が降りそうな空模様。昼前には上がる予定だったので日焼け止め塗らなかったらこうなりました。

 帰りに釣具屋寄った時にヒリヒリするなーかゆいなーと思ってたんですが0時回って家に着き風呂で足がーーー足がーーーーーってなりました。一番つらかったのは夕飯の赤いきつねを食べようとしてツルッと面から跳ねた汁が付いた時


 シミもできてます。ひざ周り足首周り。多分年取ったら凄い勢いでシミそばかすに皮膚がんができる気がして今年からは通年長袖長ズボンで美肌というか美白を目指します。

 お薦めはこちら。リトルプレゼンツのSPリバーパンツです。
P8160095_20110510230526.jpg

 女性は長袖長ズボンで。


 写真はブログ主ではありませんので、ファンレターとかラブレター送らないでください。困ります。男です。自分ひとりで釣り行くと自分の写真って取らないですよね。なので自分がこれ履いてる写真が出てこなかったんです。そういえばミキシーとかで○○のコミュからきました。私も絵書くの好きですが凄い上手ですね。しかも男性だったので驚きました。とか来るけど男です。どうして女性だと思ってしまったのだろうか・・・本物見たらどん引きするくらい男ですから。ええ。正確にはどん引きするような男です。リア充爆ぜろ!!


 ちなみにリトルプレゼンツさんはフライの製品を作っているのでSPリバーパンツです。今はソルト部門のリトルオーシャンからSPサーフパンツが出ています。

 野郎はいいんです。短パンにビーさんの男のシイラファッションで。私だって釣りドルが水着でカヤックフィッシングしてるのみたいですよ。しかし、その欲望を捨てでも長袖をすすめます。本当に焼けます。痛いですよ


 紫外線の話を少々。5月、6月も夏におとらず高いです。ただ、夏は皆さん対策しっかりしてるので大して問題にはなりません。

 服や日傘の色による違いはあまりないです。確か日傘の実験で数パーセントというか5パーセンチ以下だったきがする。色の差はない。

 日傘でブロックできるのは5割ほど。つまり、紫外線はかなり回り込んできます。なので木陰やビーチパラソルの影に入っていても防げてるとは言い難いです。

 紫外線の種類はAとBと何か・・・Aは何かでBが危なくて・・・とか色々大学でやったんですが忘れました。すいません。もう一年前のことですし。大切なのは防ぎ方であって細かい事はググればOK。 水面の反射もありますが、本当に自信ないですが20%くらいだったきがする。50だったかも。雪が酷くて殆ど反射。つまり二倍近く焼ける

 偏光もいい奴を使ってください。いい奴は紫外線がカットされてますから。釣り研究会の新入生とかあまり活動しない人。釣りなんて安い道具でいいやって人は要注意です。安いグラサンとか紫外線カットの機能が無い奴は逆に目を傷めます。サングラスや偏光グラスで暗く見えるので瞳孔が通常より開いて多くの光を取り込んでいるのに紫外線が直撃します。カヤックを買おうって人で偏光けちる人はいないと思いますが。あとやっぱりフッキングミスやえら洗い、根がかり回収や他人のキャストなどルアーが飛んできた時の目の保護になります。



 

徐々に奇妙な郵便局

 というわけでデイシーバスについて第二回です。

 その前にちょっと小ネタを

新手のスタンド使いの攻撃か?


 なんか電磁的な攻撃を受けたようです。犯人はメタリカだと思います。磁力を操るスタンド。まあメタリカだったら咽からハサミとか剃刀がでてくるんですけどね。

 先日ヤフオクの代金を振り込みに郵便局に行ってきました。それも桶川の本局に。でかい郵便局だからATMが三台ならんでます。お昼過ぎなので着くと3人ほど並んでいたんですが、ちょっとまって自分の番が来て真ん中のATMへ。

 そして、吐き出される通帳。画面には向きを確認して再度入れてくださいって出てた。向きを変えて入れる。また出てくる。今度は表裏を逆に。でも出てくる。普通の向きにしても出てくる。そんなこんなで6回くらいやり直したら遂に、この通帳は取扱できません。窓口の開いている時間帯にそちらへお持ちください。みたいな画面が出てきた。

 窓口の方に行って整理券を貰って待つ。自分の番号が表示され、通帳を持って、ATMで窓口に行けって画面が出たと説明して、渡すと・・・どうやら通帳の磁気データが飛んでいたらしい。それで新しい通帳へ。その手続きが長い。自分は待っているだけなのだが滅茶苦茶長い。そして、しばらくして新しい通帳が渡された。ポケットティッシュ一個と共に

 当初の目的を果たすためにATMコーナーに行くと、6人ほど並んでおる。頭の中で素数を数えて落ち着きつつ、時間を潰す。やっと自分の番だ。そして後ろをみると。並んでない。なんでさっきまであんな並んでいたのに。なんの波だろう。

 まずは400円しか入ってない口座に千円入金。よし、ちゃんと使えるぞ。入金したら、ありがとうございましたって画面がでて通帳が吐き出された。連続取引ってできなかったっけ?しょうがないのでまた通帳を入れると・・・・・・・

 今度は一発で、この通帳はお取り扱いできません。窓口の開いている時間に手続きをしてくださいみたいな画面が。
 落ちつけ、落ち着いて素数を数えるんだ。

 もう一度窓口の方の整理券配ってるお姉さんに事情を話して整理券を貰おうとすると、整理券ではなくそのままさっきの担当のおばさんのとこに。もう一度調べてもらう。しばらく待ってやっと原因が判明。どうやら磁気情報が壊れたときに暗唱番号も飛んでしまったらしい。なのでこれから暗唱番号を再登録しますのでお待ちくださいと言われた。

 待合の席は一杯。後ろの方に回される自分の通帳。自分が待ってる間にどんどん人が入れ替わっていく。そうして今度こそ渡される通帳。

 後ろを振り返れば・・・・ATMに並ぶ長者の列orzなんで?さっきまで空いてたじゃん。

 そんなのってないよ。あまりの事にスタンドが発現しそうになったわ。最も恐ろしいスタンドが・・・あのスタンドって磁気記録製品壊しそうだけどどうなんだろう?

 前回ゆうちょの通帳使った時も、みずほの通帳とまとめてポケットに入れてた。今回もゆうちょとみずほの通帳をポケットに入れてた。保管時も一緒。このあとみずほ銀行いったのだが、ゆうちょの通帳が死んでたからみずほも駄目かもとビクビクしながら行ったのだがみずほの通帳は生きていた。

 前回も同じ日に使用、ずっと一緒にまとめてもってたし保管時も一緒に保管。今日も一緒にして持って行ったのに何故かゆうちょの磁気記録だけが飛んでました。




 貴様、見ているな?

 というわけでジョジョネタから急遽、デイシーバスに関して第2回です。前回は途中で飽きたともいう。発端は、デイシーバスは中層から下を狙えるもの、例えばヨレヨレとかがいいんですか?みたいなメールをいただいたのですが、後輩から。説明しようとしたら長くなる。携帯のメールじゃ見難い。写真は、魚よりも背景に注目。色々と後輩連れて行ってますからね。誰か一人くらいは背景でどこかわかるでしょ。

 前回までのおさらい

 基本的に日中は中層より下。特にブレイクや底にある障害物や変化に着いてる奴が多い。ニュートラルな奴もいるが、基本的に表層にはいない。少なくとも人間からは見えない深さに陣取ってる。鳥からも身を隠したいだろうからさらにしたかな。ただし、餌を探してる時や追ってる時は、別。つけたすとベイトのレンジ、もしくは一つ下。2つ下から突き上げて食べてすぐ戻っていくを繰り返す事もある。
 もしくは壁などの縦ストラクチャーに寄り添う事もある。この場合は水深も基本は見えない所より深い所。水の透明度または、足元の岸壁が抉れてたりして上から見えないと案外浅い所にいるんじゃないかと思う時がある。岸壁際表層をスローのただ巻きで引いてるとでてきたりするし。



世界中の大好きを引き連れて、君に届けたい思いは一つ。今現在徹夜明け。奥井亜紀のハレルヤを聞きつつおかしなテンションで再開中です。一回疲れたので上で切ったんです。 世界中の大好きを集めても君に届けたい思いに足りないって方が有名ですかね?懐かしす、魔法陣グルグル。あの何だかよくわからない漫画って評価が非常に秀逸だと思う。内容よりも表現のほうが。多分漫画で爆笑したのはあれが初めてだと思う

 
 まあ、前回までのはあれですよ。わざわざ魚のいる所までルアーを送り込んで、ゆっくりと見せてじらせて食わせるって感じです。湾ベイトなんかまるっきりそんな感じです。バイブのただ巻きもそんな感じ。

 ここからはリアクションの釣りにかんしてです。別に、波がかかったら大げさに騒いだり、なにかゴミをひっかけたらフィッシューーー!!とかってことではないです。魚に反射的に手?というか口を出してもらいます。例えるなら今までの方法は、合コンに行って甲斐甲斐しい所をじっくり見せたり、長い時間を掛けて振り向いてもらう方法ですが、今度の方法は男の悲しい性質を利用し、胸に詰め物を入れて上半分か下半分をだしつつ、超ミニスカートなんか履いて街を歩く方法です。男は反射的に振り向いちゃうもんなんです。横島忠夫なんかは特に

 今までは、デイゲーは中層、下層だと書いてきました。これは魚のレンジがそうだからで、魚のレンジに送り込む方法です。今度は、ルアーのレンジに魚を引っ張り上げる方法です。その為には魚の反射を使います。私達がルアーで釣る魚は肉食魚なので猫のような性質があります。急に動くもや速く動くものを追ってしまったり、手とか口をだしちゃうんです。

 方法その1、単純に速く。もう速く、ひたすら速く。魚なんか釣るつもり無しでルアーを回収するつもりで巻く
もしくは青物やシイラを釣る感じ。
 想像してみてください。あなたが回転ずしに行った時に、プラスティックの展示用サンプルの寿司が流れてきてもとったりしませんよね?でも、レールが時速60キロで流れてたらどうでしょう?あなたは、イクラが食べたい。流れてくるイクラらしき物体。今取らなきゃ行ってしまう。これを逃したら次いつ回ってくるかわからない。意を決して取るとプラスティック製。レンジバイブがお薦めです。もう速い分には大丈夫です。自分で思う速めからもう何も考えてない全速巻きまで。シーバスの捕食をみる事ができればわかると思いますが奴らはルアーより遥かに速く泳げますから

 方法その2、ジャーク。というよりルアーを横っ跳びさせるんです。方法は竿をあおって戻す、リールを巻く、煽って戻す、リールを巻く。この竿を戻すって動作が大事です。
 初めて富津岬に行った時の事です。ルアーを投げると30から40のセイゴが山のように追ってくる展開でした。初めての富津。初めてこんな沢山魚が居て大興奮だったのですが全然釣れないんです。ルアーの後ろをついて来るだけ。それじゃあただ巻きでゆっくり誘える湾ベイトでもと思っても一匹釣れただけ。あとはX68SWで交通事故的にぽつぽつ。
 この時、もう一度振り返りました。ジャークとはなんぞや。と、バスでは普通に釣ったしシーバスでも釣ったことあるが、今日のどこが悪いんだろうと。今江克隆の黒帯Ⅵを思い出しました。スーパースレッジの三段跳びに関して。そうだ竿を戻すんだと

 それからは一日中1キャスト1ヒットが続きました。竿を戻すことによってラインが緩み、ルアーが自由に動くのです。張ったままだと動かない。この緩んだ時の動きが魚の最後のスイッチを押すのです。具体的には身をよじりながら斜め上に上昇する動きです。それが止まりかけた瞬間に魚がかっさらっていきますから。この時は生涯最高の時間だった。魚がいつ食いつくかをコントロールできた。パン、パン、パン、次で喰わせよう、パン、竿を戻す、ゴンみたいな感じで
1011_20110504052413.jpg
 初めてのカヤックフィッシングシーバス、カヤックフィッシングとしては3回目くらいでメジャーを積んでなかった。このルアーのどんな動きがいいのか、いつシーバスが食いつくタイミングなのかは榎本さんのDVDシーバスライブで見れると思います。部室に置いてあったソルト&ストリームの付録DVDの体験版?みたいなシーバスライブで見れましたから

 最も重要なのは食わせの間だと思うので先に書いちゃいましたが、なんでこんな横っ跳びをさせるのか考えてみたいと思います。

 前回、ゆっくりだと見破られる。だけど速すぎると魚が食べようかな~と迷ってるうちに射程圏外にでてしまって追いつけないと書きました。だからブレードだけは速く動いて移動はゆっくりな湾ベイトとか、体を揺らすウォブルのピッチは速くて移動はゆっくり目なバイブなどがデイゲームで効くんじゃないかと。考え方はこれと同じです。今度はミノーを速く動かすけど移動はゆっくりの状態に持って行きます。これがジャーキングの目的その2です。

 例えば、10m先にルアーを着水させます。普通にルアーを巻いて来ると10秒かかるとします。これが通常の状態です。この場合ルアーは一直線に泳いできます。この状態で、着水点は10m先、回収までの時間は10秒という条件でルアーのスピードだけを上げるにはどうしたらいいでしょうか?




 まあ、その・・・ここまで説明してきたんですから何も考えなくともジャークですよね。着水点つまり自分とルアーとの距離、そして何秒後にこの距離を0にしなければならないと決まっていて移動速度を速くしなければならないなら、残りはルアーの移動距離を増やすしかないですよね。

 普通に10m先にキャストしたルアーを巻いて来ると二点間を結ぶ最短距離は直線ですからまっすぐルアーはやってきます。ジャークすると竿をあおる勢いでルアーは加速して速くなりますが、軌道がジグザグになるんです。

 ここでルアーの着水点に偶然通りがかった腹ペコの魚を登場させてもらいましょう。魚は着水から足元まで10m追っかけてきます。
 ただ巻きの場合は、着水から回収まで10秒。魚が追いかけた距離10m、ルアーが移動した距離10m
 ジャークの場合は、着水から回収まで10秒。魚が追いかけた距離10m、ルアーが移動した距離15m

 どちらも人間からみたら10mさきから10秒かかって自分のとこにきたので秒速1mと速度は変わりませんね。魚も追い掛ける距離は10mで変わりません。でも、魚にとってルアーの動きはどちらが速いでしょうか?同じ距離しか追い掛けてないにも関わらず、魚の体感的にはジャークでジグザグに動くルアーの方が速いのです。つまり細かい認識がしずらい。時速60キロのサンプル寿司の例えのようについつい手に取ってしまいやすいのです。
 これがジャークにおける、動きは速いけど遅い・・・非常に矛盾した表現ですが・・・・よく釣れる動きです。ただし、速く動いてる分、魚には手を出し難いので、魚にとって今だ!!チャーンスと思えるような食わせの間が必要になってきます。そのためにジャークをしていてここで食わせたい。ここぞというタイミングでは竿を戻してください。

 他にもリアクションの釣りで岸壁ジギングなんてのもあるのですが・・・長くなったのでこれは割愛。行く人は現場で聞いてください。もしくは行く前に
 

おかっぱりのシーバスデイゲームについて

 突発的にシーバスのデイゲームでのレンジ、狙い目、ルアーなどなどについて書きたいと思います。前回に引き続き、ベテランの方々にとっては何一つために成る事はありません。でもわざわざ書きます。だって、メールで書くと死ぬほど大変だし見がたいし。

 シーバスのデーゲームですが、埼玉在住で東京の大学に通っていた・・・・通っていた・・・・現在無職、定期もないのでもう行く事は無いのですが東京の沿岸部でのシーバスのデイゲームやそのままナイトゲームにちょくちょく行っていました。

 魚が居なくちゃ釣れませんがデーゲームを成立させる要件は大きく分けて3つです。水深とベイトと流れです。水深の中にさらにレンジがあってこのレンジはベイトの層、そして水中の光量に影響を受けます。もっと言うと夏には酸素の量や川では塩分濃度なんかが影響を与えたり。ベイトは正義です。シーバスの欲求は喰われたくない、餌、餌、餌、餌です。水流は基本的には潮です。川の場合もありますが私は川よりは河口です。川の近くには駅が無い、駅があっても駅周辺は釣りし難い事が多いので。基本流れが早ければ早いほどシーバスの活性は高いです。そして遊泳力の強い大型魚にとって流れがあるということは餌が自動的に流れてくる。流れに逆らうので一杯一杯の小魚をつまみ放題ってなわけです。

 シーズンは大体3月から4月くらいからです。今までで一番早い湾奥でのデーゲームでのゲットは2月14日・・・ヴァレンタイン。あまりの寂しさに釣った魚の写メをつけてヴァレンタインとヴァンアレン帯って似てるよね。ってメールを送った覚えがある。
45.jpg
 写真の日付見たら2008年2月14日14時52分。女の子は坊主でしたが僕らにはシーバスがある!!写真でわざわざライジャケつけてるのはテトラで釣りをした帰りだからです。終わったら袋に入れて電車でかえりますた

 なんで春からシーズンインかと言いますと冬の間館山や三浦のなど南の方に産卵に行っていたシーバスが帰ってくるからです。産卵に行くシーバスは大体60センチ以上なので写真のような40センチ代の奴らは湾奥にいる事にはいますが水温が低くてゲームが成立するかは微妙です。

 さて、春と言えばバチ抜けですが他にも稚鮎が入ってくる事があります。稚鮎の突入で昼のよく釣れるデーゲームが成立する事があります。
68_20110502164334.jpg
 品川にて4月の半ば。稚鮎さん

同月、同じパターンで。
taiga1.jpg


78.jpg
 一応デーゲームです。同じく品川にて、ファイトしてフック外してってやってたら暗くなっちゃいました。まだ日が短い。カメラが携帯なので暗いんですが薄暗くなり始めです。70アップ

 ベイトが入って、さらにそれを追うシーバスが入ると爆釣のチャンスです。

 次は同じ年の4月終わり。川崎新堤です。朝から釣りして午後誰てきて皆が座って雑談しながら適当に投げてた時の事です。一人真面目に本気で沖まで遠投してたやつが居たんですがそいつが釣って皆投げ始めるとポンポン釣れ始めました。特に潮目が左から右にどんどん流れていくのですが自分の前に潮目が着た時はヒット率がかなり上がりました。ここでデーゲームの原則を一つ知る事が出来ました。潮目を狙え!!沖堤でなくとも湾奥やカヤックの時でも今でも狙ってます。結果もでる。ルアーはクルクルの23gくらいのやつですが、底ではなく表層でした。しかも高速巻き。潮目にそって回遊してる奴はベイトを狙ってる事が多くデイゲームでも底の方とは限らず表層の時もあります。
kawasaki2.jpg


 5月。季節や昼夜関係なく魚の付き場で非常に大事なのがブレイクです。ブレイクとは駆け上がりのことです。岸際は浅くて段々沖に行くほど深くなって行きますが急激に水深が落ちていく所がブレイクです。ここに魚は居ついて深い方から浅い方を向いて餌がくるのを待っていたりブレイク沿いに回遊したりしています。
 新木場の人工磯にて、X80SWにて
wakasu_20110502170321.jpg
 五月のGW位が湾奥のバチ抜けのピークです。それを超えると段々とイワシやイナっこ(ボラの子供)等小魚を追う事が多くなるのでデイゲームも釣りやすいです。

 
さて、魚のレンジですが基本的に日中は底付近です。ブレイクに付いている事が多いと言いましたが、ブレイクですから底です。他にも水底の何らかの障害物に隠れている事が多いです。岩の影から出てきてルアーをかっさらって逝ったのを見たりとかもありますし。
 この時お薦めのルアーは湾ベイト15gです。
P6270258.jpg
 湾ベイトで底を引いて一発で出した魚。直前までだべっていてそれじゃ釣りますかって5分で釣れました。そのくらい新堤では信頼している。他にも豊海とかお台場とかでも。

 湾ベイトがお薦めな理由は、前述、魚は深いのでコンパクトで重い湾ベイトは底まで簡単に送り込める。そして重いルアーは速く引かないと沈んでしまうが、ブレードの力でゆっくり引ける。そして、釣れる秘密は多分ですが・・・ゆっくり引いてるのに速く動く事じゃないかと。例えば日中にミノーをゆっくり引くと魚に偽物だと思われて釣れません。ゆっくり引くと見破られる。けど速く引くと魚が食べようかな、やめようかなと迷ってるうちに手(口?)の届かないところまで行ってしまう。しかし、湾ベイトでは移動自体はゆっくりなのだがブレード自体は非常に早く回転している。アピールや誘引、幻惑はブレードの速い動きで、そしてゆっくり動いてるボディでしっかり食わせる。お薦めです。
 バイブも同じ距離でのウォブルの数が多いのが日中好まれる原因じゃないかなーと思います。あとはリップやブレードがないので引き抵抗が少ない。速くまける。速い動きについては後述します。

 底以外の場合をお話します。そもそも何故底の方にいるかと言いますと、まぶたが無いので明るい所はまぶしい。鳥や人間などの陸上や空の外敵から身を隠すため。つまり、薄暗ければ底じゃなくてもいいんです。村岡昌憲氏曰く新聞がギリギリ読める程度の明るさ。バスでいうと人間から見えない水深。例えば表層を引いてるとバスが追いかけてくるのが見える時があります。しかし、なかなかルアーとの距離が縮まらず喰わない時はすかさずフォールさせます。バスはフォールが大好きなのでそのままフォールしたルアーに付いて行くのですがどの水深で食いつくのかと言えばやっぱり、見えなくなった水深です。すーーーっと沈んでいく、バスが付いて行くのが見える、見えなくなる、グン、合わせてヒット。みたいな。ちなみに底まで丸見えの場合は、フォールの始めや、底に着いた瞬間、等動きの変化の場合が多いです。あとは底で動かないのをしばらく見てから咥えて行ったり。シーバスは動きを止めるとみ切られる事が多いです。

 あたたくなって海水が濁ってくると案外浅いとこでヒットしたりしてびっくりします。そういう時はミノーで。お薦めはX80SW。
 シーバスは日中、日の光が届かない深い所のほかにも障害物の影に隠れてます。一番大きい障害物、それは・・・足元の岸壁です。そんな岸壁を攻めるのにもX80SW大活躍です。

 リアクションバイトの話も書こうと思ったんですが・・・・憑かれた。眠い。めんどくさいやばい、眠い。

 岸壁ジギングとか
P1000113.jpg

 色々あるよー。続く・・・・かもしれない
 

た~のし~い~仲~間~が、ぽぽぽ~ん

 ちょっと最近増えた釣り具、増やす釣り具、処分する釣り具に対して突発的に語ってみたいと思います。経験の浅い若造の戯言なのでベテランの方々はスルー推奨です。たわごととざれごとって感じ一緒なのになんかニュアンスが違うような気がする。
 そうなんです。やっぱり経験の点がコンプレックスです。釣りにどっぷりハマりカヤックフィッシングにまで手を出そうというご仁は、やはり色々な釣りを経験し、一分野を極めたり多分野に広い見識があったりするのです。釣りの話をしていても磯でーとか、ウェーディングでーとか、源流昇った時にーとか。全く話についていけません。やっぱり危険なとこは複数人で行くべきです。しかし、大学の釣り研はもちろん学生釣魚連盟でも「おーい、ウェーディングしてみようぜ」「やだ、赤エイ怖い」「ヒラ釣ってみたい」「荒れた磯無理」そんなこんなで誰も付き合ってくれません。一人だけ成城の一つ上の先輩は付き合ってくれそうだったのですが、就職して岡山?に帰ってしまいました。カヤックフィッシングも流されないの?ひっくり返らないの?というか頭大丈夫?な感じです。けっこうネジが一本飛んでる人のように思われてるんだなーと感じます。

 今回は釣り竿の整理の話ですが、後半までは与太話が続きます。

 でもまずは、やっぱり今年一番の楽しい仲間。タチコマ号
P4110021.jpg
 最近までタチコマ号(仮)だったのですが、前回今年初にして唯一のカヤックフィッシングに行った時に。「タチコマ号見せてよ」「タチコマ号どう?」「これがあのタチコマ号か」と色々な方に言われ、あの・・・その・・・名前はまだ・・・なんですけどね。ええ、タチコマ号です。ぽぽぽーーーん


 定期も切れ、講座も終了でもう池袋に通う事は無い。ボックスが寂しそうだし池袋最後の日なので、釣具屋を回ってあいさつめぐり。サンスイさんで買ってきました。
P4290008.jpg
コロコロした感じと円らな瞳がまじキューとです。今度はクリッカーのフルルミナス。これでギンギンに光りまくって釣りしやすい。と思ったのですが夜行の力は上のクラックルミナスの方が高い。フルルミナスは夜行の癖に蛍光灯の光程度じゃあまり畜光しない。多分ケミを刺した時に真骨頂を発揮するのでしょう。
P5010016.jpg
 楽しい仲間が増えてきました。

 最近、もはやKFやシーバスより鯰釣りのブログと化してきていますが・・・このまま突き進みます。スミスから出る鯰専用ロッドの鯰人を購入予定です。新品で!!はっきり言って自分が新品で釣り具を買うなんてかなりの珍事です。

 突発的にバス釣り、つまり自分のベイトリールの歴史を語りたいと思います。何故鯰竿に手を出そうとしているのか。ゆとり第一世代なのでオールドリールとかはでてきません。

 私が釣りを始めたのは多分6歳か7歳位の時です。子供の頃から両親共働きで祖父母の家に預けられ畑と田んぼしかなド田舎で虫とりかおたまじゃくしとるかくらいしかやる事が無かったのでアウトドア系に育って行きました。クラスには一人はいる昆虫博士みたいな。そんな子供だったのでよく福島の猪苗代近辺に旅行で入り浸っていた我が家では旅行最終日に管理釣り場でマスを釣るのが恒例行事になっていました。
 そして小2、小3くらいは皆でザリガニ釣ったり、細々と近所で鯉を一人寂しく釣る私の人生に転機が訪れました。そう、バスブームです。世間では菊本さんがワールド優勝してスピットファイアやスピンムーブシャッドがはやったりセンコーやカットテール。そしてエアリアルやメガバスのリアル路線。そんな事は私達には全く関係ありませんでした。私達に影響を与えたもの・・・それはコロコロコミックの漫画、アニメの「グランダー武蔵」

 ルアーが頭を進行方向に向けて飛んで行ったり、岩を砕いたり、ラインで木を切り倒したり、魚のいる場所を透視したり、伝説のロッドとか神魚とか、最終回なんかもうぶっ飛んでる内容ですが、一番の突っ込みどころは間違いなく、ミラクルジムの存在です!OPにもチらって出てますが若すぎかっこよすぎ。アニメを見て本物を見てこれだけの子供が嘘だ!!と思ったか。それでもやっぱり本物は凄かった。あのキャスティング。
 このアニメのおかげで今まで釣り行こうぜ!って言うと「はぁ?ドブ臭い鯉釣って何が楽しいんだ?食うのか?」って反応だった友人達が「よっしゃ、バス釣りに行こうぜ!」となったことです。

 ここらへんで皆上州屋で金属ガイドとオールプラスティック製のスピニングロッドに2号のナイロンが巻かれた2980円セットでサバカラーというかパールホワイトの下地に蛍光のピンクや緑や青を吹いた120円のミノーやスライダーワームを投げまくる日々が始まります。もちろん釣れません。というか周りにバスが生息してるとこなんてない。バスなんかいもしない池でルアーを投げる日々。そうして1年もするとお小遣いをためたり、お年玉だったりで上州屋ブランドで竿とベイトリールのセット4980円に手を出す奴が続出します。だってキャスティングしかすることないし。後は鯉を釣る。小学5年くらいの頃にようやく10キロちょい離れた池にバスが居るという情報を掴み。親に懇願して連れて行ってもらってルアーで釣れず、ルアーで釣れず、ルアーで釣れず。ミミズ初バスをキャッチします。

 そうこうしてるうちに小学校6年生。バスブームも大分落ち着き、次はハイパーヨーヨーブームが到来していました。ぽつぽつと釣りが話題から消えミニバスケットで県大会に行き、中学でもバスケットばかりでたまに鯉釣り。毎日毎日走る。バスケ部なのに中学2年の夏の間全員ボールに触らずに毎日走る。週6日の内5日が練習、一日が体力づくり。日曜は休みですが大抵練習試合。年に部活の休みは盆と正月とほかちょっとの20日もない。そんな日々を過ごす中で釣りからは離れて行きました。年3回行くか行かないか。

 そして、高校。おかげさまでバスケットで県ベスト8までいったものの、中1で身長がほぼ止まり毎日ゲロ吐いて月数回は気絶して怒鳴られ殴られ顧問の人やコーチが代わり、今度は派手なプレーが至上主義の監督になって嫌気がさしたのでバスケットをやめたおかげで時間に余裕が出てきました。あとなにより定期の存在がでかい。田舎の地元からちょっと都会の大宮やら、荒川の近くの駅で降りられる。それと中学までは家から一番近い普通の市立というか公立でしたが、高校は私立しかも付属です。時間に余裕ができまくりです。

 今でこそこんな腹してますが、そもそもの原因は中3の夏で部活を引退。高1の夏で彼女に振られ・・・その後一年間で10キロほど失恋太り。その後剣道部で一度止まりますが、大学1年で彼氏持ちの地方から出てきた年上との火遊び、失恋でまた10キロちょい太りました。今は1500m走ったら死ねます。が基礎体力はあるので10キロ20キロの徒歩はお散歩レベルです。25キロ超えてくるとしんどい感じかな。普通のままチャリデ片道20キロ位のとこに釣り行ったりできたり、ちょっと腹筋すると初日は20回。でも2週間後には連続300回くらいできます。
 そんなわけでカヤックのフィットネス効果・・・無いです。少なくとも自分は感じないです。今より全然ですが、昔からぽっちゃり系で腹も出てました。それでも気絶するまで走れます。腕立て1セット100回(腕立ての体制、足の裏と手のひら以外を地面につけなければいくら休憩してもいい)を3~5セットくらい普通にやりました。1500mは手を抜いて走っても5分半。でも痩せなかったな・・・月4回カヤックを一日漕ぐだけで痩せるわけない。漕いでも漕いでも進まない状況で死ぬ気で頑張ればいい運動に成るかもしれないが・・・まずいでしょ?色々と

 話それましたが、有り余る生命力と時間と移動能力を持て余した私は再びルアー釣りに力を入れるようになります。この時よみがえったのがプラスティック製のスピニングリールに安もののナイロン2号。ひたすらバックラッシュばかりしていたトラウマ。もうスピニングの信頼度0。こうして私はベイトタックルを手にする事にしました。
 初めてのタックルベリーでサイラスの602MとプロキャスターZを買い、早速荒川へ。しかし、謎の巨大魚がかかりドラグを引き出され逃げられてしまった。しばらく対策を考え、安物のベイトじゃ駄目だという結論にいたり・・・購入したのがダイワの最高級ベイトTD-Zの103Pただし既に型落ちで、しかも2011年現在でも破格と言える13000円。そしてニュータックルを携えいざ荒川。
DVC10256.jpg
 巨大魚の正体は長さ80センチ弱のハクレンでした。飛び散る粘液。コートはどろどろ。そして臭い事臭い事。しばらくは釣りに香水を持って行ってました。安い奴だけど

 そして大学入学前の春休み。日雇い派遣バイトの日々。初めてのバイトの給料で買ったのがカーディフベイトロッドとリベルトピクシー。ロッドは新品。ピクシーは中古でほぼ新古品。トラウトタックルがこれです。もう本当に幼少時のプラのスピニングが絡まりまくったトラウマで、スピニングは受け付けなかった。
DVC00006.jpg


 このカーディフベイトロッドとピクシーにスーパースレッジで初めてのハードルアーバスを釣りかけます。真夏の池でスースレのトゥイッチでの三段跳び+ステイ、ジャークでヒット。抜き上げでばらしました。こういうところ今と変わってませんね。そして友人とその翌日に初めての吉羽園。タックルは上記ベイトロッドでヤマセンコーのワッキーがけ。気温30度オーバーの炎天下で一日やって真っ黒になりながらもバスのルアー釣りを楽しみました。
DVC00009.jpg
ワームが飛んじゃいましたがベイトでライトなワームです。
DVC00011.jpg
 ULなのでウルトラスレッジは抵抗でかかった。


 そしてある夏の日。私はふと、ある事に気が付きます。池は釣り人で溢れ返っているが池の脇を流れる水路は水深30センチくらいで足場も高いので雷魚の人がたまに居るくらいでバサーはいない。でも極まれにここらではナイスサイズの30クラスのバスがウィードの下で涼んでるのが見える。これでかいルアーじゃ反応しないけど、小さいルアーなら?そこで軽いルアーが投げられるリベルトピクシーに竿は・・・なんと小学生の時買った上州屋ブランドのベイトロッドがやわらかかった。そして後日4分の1CCラウンドジグを投げ込むと。
cc1.jpg
 初めて野生のバスでいいサイズを釣った。多分関東でも河口湖とか千葉のほうとか行く人には大したサイズじゃないかもしれない。でも、ここらの野池でこのサイズを釣ったのは自分にとっては快挙だった。小中なら英雄だ(笑)
 そして、以前はピクシーでヤマセンコー投げてたんだから4分の1ozのCCラウンドより軽いルアーでいけるはず。竿は引っこ抜かなきゃいけないからベイトだけど軽いルアーが投げられるよう柔らかいベイトということでチームダイワのトルネードのLになった。他にLのロッドはパームのフレイムくらいで高くて手が出なかった。
それからリールはTD-Zに案外TD-Zも2gくらいなら投げられる。作りはピクシーより圧倒的にTD-ZのほうがいいのでTD-Zの方が多くなっていった。
DVC10019.jpg
ロッドはトルネード、リールはTDZ、ルアーはケイテックのスモラバの2.5gくらいだと思う。
DVC10022.jpg
DVC10057.jpg

DVC10181.jpg
最後の写真だけは数年後。ハンハンジグ1.5gかな。

 地元の池は関東随一の磨れた釣り場だと思っています。そんな釣り場ですが何故かよく効くハードルアーがあります。それはPOP-Xです。何がいいのかわからない。ステイさせてるのが一番いいきがする。未だ釣ったことない50アップが見に来る。あのリアフックの羽だろうか?
 車で移動するようになってからはベイトは殆ど巻き物もしくはラバジ。ラバジは我慢するとして今欲しいベイトタックルの性能は、

1、POP-Xが動かせる。TOPが楽しめる。
2、巻き物が使いやすい。
3、ティップが繊細で2g3gルアーを送り込める。
4、こんな足場で魚をぶっこぬける。
DVC10057.jpg
 気付くと何故かフルグラスの竿が全てを満たしてる気がしてきた。そして鯰の性能。もう買ったら鯰もいけるし今までバスで使ってたベイトリールはラバジ用を残して全部売っちゃってよくない?しかももっと言えば、グラスで鯰抜き上げできるから、ライトルアーのサバやイナダもOK。グラスのノリでタイラバもOKと一本で使い道多数。レンジバイブやベイブルもこれで引いたら食い込みそうだし、グラスの曲がりって楽しそう。上州屋のポイント2倍GWセールは6、7、8なのでそれまでにヤフオクや中古ででなかったら新品で逝ってしまいます。買ってし魔王が倒せないorz昨日鯰人買ってれば30日で竿の日でポイント2倍だったから結局同じだったのに。一度は何とか追い払った・・・しかしもう負けてしまいそうです。

 でも、今水路打ちするならシーバスロッドにPE1.5号にフロロ2号位のリーダーですけどね。わざわざベイトでやりません。昔は雑誌とか読んでなかったので自分でフロロ2号にベイトで1.5gのスモラバでブチ抜くって釣り方考えて、雑誌をみた時にちょうどイマカツが風神とか、エバグリからスピンコブラとかやっててびっくりした覚えがある。

 
プロフィール

インプ乗り

Author:インプ乗り
 Double×Crossの管理人、本家サイトにはリンクからいけます

立教大学5年崖っぷち。趣味は釣りと車と・・・勉強(嘘。で、シーバスとかソルトルアーを・・・・最近は勉強をメインに活動。最近公務員試験の勉強を始めました。

 セミナーでとあるプロが放った一言「じゃあどんなレベルの話しをしようかな・・・手を上げてください。まずとりあえず100匹は釣って初心は脱した人」・・・・・とりあえず100匹以上は釣って初心者は脱しました。最大81センチ、カヤックだと85センチ。目標はとりあえず90オーバー。最終的にはメーター狙い。あと5キロ以上の青物が釣りたいと思う今日この頃

2010年の目標は、イカ、鯛、シイラ、メータースズキ、ブリの順です。多分大学生最後の一年・・・・全部クリアして燃え尽きてから社会人になりたい

2009年から何故かツンデレキャラになりました。コメントもらうとめんどくさい。でも嬉しい。勘違いするなよ・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログカウンター
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。