スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれは何だ?コチか?メゴチか?いや違う

 何なんでしょうね、あれ。夜ジッターバグを引いてると後ろからバシャバシャバイトがあるのに針にかからない奴。きっとナマズ以外にも何かいるに違いない。そうじゃなきゃあの掛からなさは説明できまい!嘘です。ナマズです。釣れないけどきっとナマズなんです。

 昨日の夜講座の休み時間の間にbanzyさんに連絡済み。ちょうど今日行く予定だったみたいでガイドをお願いしました。もうこれで釣れたも同然!

 19時開始予定で家を出ます。その前にちょっと地元水路を明るいうちに初めて見に行こうかと思ったのですがbanzyさんはもう着きそうとの電話をいただいたのでいつもの場所に直通。しかし、先日の雨の影響か流れも強い、水量が増え水深も増え今一出ないとの事で少しだけ打って即移動。

 二か所目。しょっぱなの足もとの壁際の瀬で出た。が、乗らず。他にも1回くらいでた。けど、今日は調子悪い。移動

 新しいポイントに連れてきてもらった。ここも出ず。そして、その近くに移動すると・・・

 P4270003.jpg
banzyさんサクッと。流石エキスパートは違いますなー、と似非京都弁で行ってみたり。先に打たせてもらってるというのにorz乗らない!乗せられない!全然駄目ですな。ここ2年くらいベイト全然使ってない。年3回くらいバスで。そもそもバスに行く回数が少ないうえにスピニングが多い。高校3年間+大学1年の時はむしろベイトしか使っていなかったというのに、いつの間にこうなったのだろう。多分シーバスを始めてから

 今度は出る。ちょっとのポイント移動でこんなにも違うとは・・・あとbanzyさんの遠投の飛距離と近中距離の正確さが段違いです。
 一通り打たせてもらって出るも乗らず、もう一度入渓した辺りに戻ると、ぴちゃんぴちゃんと何回もでるがのらず。小さい、ほんと小さい。少し下流でやっと一匹乗ってくれた。嬉しい

P4270005.jpg
 メゴチじゃないよマゴチだよ。マゴチじゃないよ鯰だよ。小さい。可愛い。今日ちゃんとした設備というか道具と、家の水槽が動いていたら持って帰りたい。これが萌えというものか

 円らな瞳におっきなお口におひげさん。昔、小さい鯰を水槽で飼うのが夢でした。餌釣りで鯉を釣ったりしてる時に隣のおじさんが鯰の小さいのを釣ったのが羨ましかったな。

 今回の反省点

 使用タックルはダイコーの古いバス竿、フォーミュラスティックの70MHです。MHですがラバージグとかでは無くクランク、バイブ用の竿みたいでグラス入りです。でもファーストアクション。ティップが少し入るがティップ側20センチがMLくらいかな・・・ダイワでいったらMMLくらい。そして次の30センチがMH、残りはHというか棒。長さをいかして足元の護岸すれすれを流す時に草をよけたり、固さというか太さを活かし魚を抜きあげられます。
 が、でもでも如何せん固い。ロッドを曲げて小さく投げれない。ベイトだとティップを回して橋の下とかにねじ込んだり、竿をフルスイングしなくても小手先だけで飛ばせたりするのだが、この竿だと全力で振り切って竿を曲げて飛ばすか、竿を曲げずに遠心力で飛ばすか。橋の明暗を打ちたいから橋の下に入れたりとか、向こう岸の葦のポケットに入れたいって時に不便で仕方ない。アキュラシーも悪いし。 

 その2、鯰がバフっと出てフッキングしなかった時に追い喰いを誘うためにその場でルアーをテーブルターンさせたい。リールを巻かないで竿先だけでちょんちょんと。無理。絶対にルアーが盛大に動くか動かないか。竿が曲がらない。もっと水にからむよう柔らかくないと、まさしくトップ用のロッドみたいな。

 その3。やっぱりノリ。ルアーの後ろや横でバシャバシャ出てフッキングしないのはしょうがない。上のちょんちょんで何とかしよう。バシャンって出てスーッと沈んで行くのもいい。合わせればすっぽ抜けたり、掛かったりする。今まで釣った半分以上がこのパターン。残りはバシャっとでてほぼ向こう合わせパターン。
 そして、何とかしたいのが前回、そして今回もあった、バシャっとでて手元には思いっきりガツンと手応えがあるパターン。きちんとルアーにでてるからこその手ごたえなのだが掛からない。トップなので一呼吸置いて合わせてって思っても、一瞬のゴンって手ごたえで終了。ただ巻きを続けてもう一度出てくれればいいが、そうじゃない事が多数。これって弾いてる気がする。もっと竿が追従してくれれば、体感的には1秒くらい、実測したら0.5秒くらいかもしれないけど合わせる余裕が生まれる気がする。

 その4。この竿はクランク、バイブ用のロッドです。決してラバージグやテキサスのピッチングで葦を責めたりするロッドじゃありません。多分ボートで4分の3オンスのバイブをフラットエリアでド遠投したりディープクランクを思いっきり沈めるために竿を水中に突っ込んでニーリングしたりして使う竿なのでしょう。竿のバランス上、リーリング中はティップを下げてないと重くてしょうがない。これがラバジやテキサス用ロッドならグリップエンドが重くてティップを上にして保持するのが楽になってるのですが・・・ティップ下にさげてると、トップをやるときラインが水面に着くのはよくない。ダブルフックなので合わせは上に合わせたい。下げ気味でリーリングしてるとラインと竿が一直線に成りやすい。するとティップが使いにくくなるから、竿が曲がらずにバイトを弾きやすくなる。などなど

 言い訳を長々と書いてしまいました。この言い訳、釣れない言い訳だけではございません。竿欲しい。竿買っちゃいたいいいわけでございます。グラスの竿。昔のあのグリップとブランクスで別れてるオールドの奴もいいけど、鯰人やばい。banzyさんに投げさせてもらったのだが、ここ2年くらいの理想の竿に限りなく近い感じだった。

 リールに掛けてあるルアーを外すのに引っ張るとティップだけがクイって気持ちよく入る。ここはグラスっぽい。これならバイト時も違和感なくティップが入って魚も長い間ルアーを咥えてそう。だけどこの時はティップだけ。でも、キャスト時はちゃんとミディアムくらいで曲がる。グラスなのでスロウ寄りかも。グラスなのでって書きましたが、全然グラスっぽくない。軽いし振った感じリーリングの時のルアーの泳ぎが伝わってくる感度。普通の竿です。でも掛けたら多分きちんと全部曲がるのが伝わってくる。多分バイトがあった時、そしてファイト中はグラスだと感じるだろうけどその他は普通に使えるような気がする。カーボン固めでバシッと掛けるのが好きなのですがここ数年、グラスのファイトが病みつきです。やばいなー

 ティップがグラスの入りの良さで、負荷がかかるときっちり曲がる。これを目指して手作りティップランロッド作ってます。

 というわけで鯰人買っちゃおうかな。グラスの含有量知りたい。ほぼグラスで70センチ位の鯰抜き上げでも折れる気配無しとかだったら買っちゃってもいい。あの竿でバスの巻き物やったら楽しそうだな。もうちょっと強かったらシーバスのバイブも楽しそう。それからカヤックアジサビキとかいいだろうな。グラスを抑えてシャッキリして折れない、ティップの入りがいい。でもジャークできてスピニングロッドだったらカヤック用に欲しいんだけどな・・・ってパドリストを買えってことですかね。

 さてはて、鯰人にするか・・・パドリストにするか・・・・それが問題だ。でもあと数カ月カヤック行く予定ないし
 
スポンサーサイト

たまには散歩にでも

 昨日は久々に散歩にでも行ってきました。3月の頭くらいまでは毎日夜6キロ位歩いてたんですが、ずっと御無沙汰でした。

 というのも近所、徒歩5分くらいの所に川があるのですがその川はそこから500m位北側から始まってるんです。細い細い。中学生の運動能力の高い男子なら反対岸に飛べる位の水路。ただし水は生活排水と雨水なので、落ちたら数日以内に高熱を出して学校を休むレベル。小学生の時にPHを計ったらアンモニアレベル。誰かタッションしたに違いない。

 そんな川ですが最近はクチボソを見たりします。気長に放した甲斐があった。アシも生えてます。これは1998年に皆で植えました。まじ臭かった。足は膝までヘドロに埋まった。

 そんなどぶ川ですが、小学生の頃から噂ではさいたま市の方で荒川とつながってるらしいと聞いていました。ただし、誰も行った事は無い。今考えると地図見りゃ一発なんですけどね。そんなわけで下流に行けばナマズくらいいるんじゃなかろうかと釣りができそうなポイントを求めて川沿いを散歩してきました。

 ポケットに鍵とアイポッドだけ入れていざ出発。そうです、カメラ忘れました。そんなこんなで気付いたら聖学院大学。ここまで歩いて釣りできそうなポイントはあるもののほぼ垂直のコンクリ護岸で下には降りれず。コンクリの護岸の下にさらに土の岸があって川な感じで釣りができる所は殆どなし。

 帰りは夕立にあいました。雷も落ちてたし。ここ数年、雷が速い気がする。

 距離的には16キロの小冒険でした。川越のベリーまで歩いて行くよりは近かった。しかし、これでは成果が無いので19時からちょろっとドライブ。
 場所はとある工場地帯。あの餌釣りの最大手の工場も近くにあったり。工場=水路です。そんな幅が道路一車線もない水路脇に車を止め。車に乗ってるベイトタックル一本でちょいちょいジッターバグで流すと、一回だけボシュ、ボシュとルアーの後ろで吸い込み音、そして沈んでいくケミホタル。合わせたんですが乗りませんでした。でも、絶対にナマズ。あれはナマズ。開拓成功です。今までの場所より、半分以下の距離です。多分魚の密度は極薄ですが夕方ちょっと遊ぶのにはいいのかもしれない。

 他にも他の川で初めて他のナマズ釣りの人にであったり、打ってないのですが良さそうな場所を見つけたり。

 でも、多分もう釣りに行く事は無いでしょう。とりあえず5月8日までは。夏の夕涼みの楽しみができました

P4250016.jpg
ジッターバグが寂しそうにこちらを見ている・・・釣りに行きますか?

あの魚にリベンジ!!

 今回の狙いは前回、バンバンでたものの一発も乗らなかったあの魚・・・アユ!!じゃなくてナマズです。

 確か火曜日の夜。11時過ぎに大学から帰ってきて・・・出撃。家から2番目に近い釣れそうな場所へ。一番近い川はそれこそ徒歩5分レベルなのですが・・・川の出発地点だし、絶対いない。数年前まで糸ミミズとザリガニしかいなかった位。

 なのでちょっと行った先にある水路へ。ここは鯉を見たことあるしいてもおかしくない。両側は草道すらない。深夜0時過ぎ。雰囲気は満点。電灯は一本だけ。あたりに漂う靄。そして、何故かところどころにある高さ50センチ位の小さい鳥居。ここで生き物を殺生しようものならお稲荷さんに取憑かれそうなので早々に退散。

 川を渡って大きな川二本に挟まれた水路や小さい川等二か所回るも・・・でない。ここまで全敗。しかし、ここで疑問が・・・釣れない理由は、開拓の場所が悪いのか?それとも非常に寒いこの気温?この前は夕方から、今回は深夜からって時間?数時間前まで降っていた雨?水量、濁り?わからないので答え合わせに前回のポイントへ。釣れなかったものの前回はバシャバシャでてたんだから、ここで反応が無ければ場所が悪いわけじゃないのかもしれない。でもそれだと再調査かと思うとやり切れなくなる。

 一時間ちょい掛けて家を通り過ぎ反対の方角へ。

 速い。前回より圧倒的に速い。途中、キャストすると変な感触、飛んでいくジッターバグ。ノットが抜けたり切れたわけじゃないのにorzアイの隙間からラインが抜けたようです。追いかける、追いかける。竿じゃ届かない。さらに走って先回りしてもう一個のジッターバグを結んで投げるも引っかからない。ケミホタルの光が遠ざかっていき、ドナドナしました。結構流速があがってる、アップクロスはもう何やっても駄目。ダウンクロスは、ジッターバグが潜る潜る。潜らなくても暴れすぎな感じ。流されたのはトリプルフックをペンチでぶったぎりダブルにしただけですが、新しく結んだジッターバグは前回掛からなかった反省からちょっと改良しました。

 前回はキャタピーで掛からなかったのですが今回いじったのはジッターバグ。ジッターバグの純正トリプルを外してリアにスプリットリング2連結して0/1のダブルフック。大きすぎかもしれないがこれしか置いてなかった。

 結論から言って一発も出ず。


 そして、お昼にケミホタルを買い。banzyさんに電話して夕方からいざ出撃。今度こそ三度目の正直


 まずは橋の上から見ると・・・一匹確認!よっしゃ。けど、まずはもっと上流から入ってダウンで流しながら端まで行こうと思ったが、3投くらいしてよーく下流の方見ると水面からなにかが出てて動いて三角の引き波が出てる。あれって・・・・ナマズ?見えなくなってしまったがそのあたりを流すと、チュポンとルアーが消し込んだので、一呼吸置いて合わせると、乗った!!
P4210009.jpg
 小さいので結構簡単に寄ってきて抜きあげ。嬉しい。初ナマズ!

 そして、針を外してリリースしてと写真の時刻で確認すると上の写真から10分後。橋の方に向かってキャスト、明暗のあたりに落ちるとすぐさまボシャっと。これが俗に言うポチャ喰いか・・・乗らなかったけど、巻き始めると今度はド派手にでた。水中に頭を下げたのを見てから合わせると・・・すっぽ抜けたorz
 しばらく間をおいて、ナマズがその後逃げて行った対岸の方にキャスト。着水と同時にナマズが振り返ったのが見えて、しばらく巻いてるとバシャ、バシャ、ゴポンとまた咥えて潜ったので合わせると今度はちゃんと乗った。かなり水面で抵抗して、抜きあげようとリフトするも、持ち上がらない。重い。やっとあがった
P4210010.jpg
 太い、すっごい太い。でかい?かはわからないが重かった。大満足。そして抜きあげ終わったちょうどその時banzyさんから電話がかかってきて、電話にでて第一声が「ありがとうございました」。大興奮でした。こんなに面白い釣りがあるなんて、教えていただきありがとうございました。

 その後、下流に移動するも・・・出ない。しかも、真っ暗。今朝は濃い霧でサイレントヒル状態だったしずっと一人で暗い中釣りしてて怖くなってきた。怖さを紛らわすために電話してるといきなり声を掛けられてびっくりした。unoken先生でした。やっぱりハマりますよね

 その後、さらに下流でもう一匹。
P4210014.jpg
 こいつも重かった。足場がちょっと高いとこだったので抜きあげに苦労した。しかも、こいつは一度瀬の手前で出て、その後そこらをしつこく流しても出なくて、駄目もとで瀬を流したら出てきた。瀬の終わった後の反転流とか淀みじゃなくて瀬の真ん中。バシャバシャと凄い勢いでルアーを追いかけて出てきた。こんなとこにも入ってるんだなーっていうのが感想。ナマズ凄い

 この後はちょっと実験でバズベイト。エバグリのモードのバブルトルネード。金属や、音に反応してるんならこれで釣れないかな~と思ったのだが駄目。そしてジッターバグに戻して一投目。
P4210015.jpg
 小さいけどやっぱりジッターバグ強し。

 さらにリリースした次のキャストでも出た。これはでかかったが一回ルアーの後ろに出ただけだった。残念。

 これにて終了でした。最後ルアーをひっかけましたし。今度明るいうちにルアー回収棒もってまた行かないと。それまで黄色いジッターのなる木を見かけても収穫しないでください。お願いします。今月苦しいです

 そういえばunokenさんはナマズがでてもなかなか乗らなかったそうな・・・フックかな?キャストミスはともかく引いていて根がかりはあまりないので遊びができるようスプリットリング入れてみたのだがそれがよかったのだろうか。ただ、今回の前半戦というか深夜の開拓では動きが暴れすぎな気がしたので夜の前にセンターフックもつけました。こちらは6番くらいのサイズ。フッキングじゃなくて泳ぎのバランスのためだけに
 
 そして、もう一工夫したのですが・・・もしかしたらこちらがフッキングというか喰い込みのよさの秘訣なのかも・・・もうちょっと比較実験してみないとなんともいえませんが

鮎を釣りに行ってきました。

 昔、二人の日本人の釣り師が中国の山奥では鮎が入れ食いだという話を聞いて張りきって遠征に向かった所、実際はナマズが入れ食いだった。鮎は日本での漢字で、中国では鮎とかいてナマズを指すそうです。昔読んだ渓流釣りの本に書いてありました。釣りに行くばかりじゃなくよく魚のことや現地のことを調べようって教訓にするために。

 というわけで今回は最初からナマズ狙いです。banzyさん主催のナマズ釣り教室に行ってまいりました。

 今回は大学からは沙魚ちゃんが参戦です。前日、大学に行く前にサンスイさんに寄ってナマズルアーを買いに行きました。ジッターバグでもあればいいなと思ったんですが流石サンスイ。スミスさんやその他のナマズ専用ルアーもおいてありました。今回買ったのはこちら
P4160037.jpg
 スミスのキャタピーです。最初からダブルフックが付いていて、さらにケミホタルも装着できる!それでいてジッターバグより安かった。これが決め手です。なにより、円らな瞳が可愛かった。可愛いですよね?沙魚ちゃんにどんなルアーを使うんですか?と聞かれたのでキモ可愛い奴ってメールで送ったら「たっ、確かにキモカワイイですね」oh、やらかしたっぽい。

 そんなわけで、当日。キャタピー一個だと心もとないので行きがけにタックルベリーで中古のジッターバグが無いかチェックするも中古は一個もなく。しかし、新品が1008円。安い。一個購入して、沙魚ちゃんを拾い集合場所へ。5分遅れると沙魚ちゃんに事前電話してもらったのですが既にbanzyさんは到着しているらしいので2人いるうちの一人はbanzyさん、もう一人は田吾作さんだと思っていたら何とunoken大先生。まさか海以外でお会いすることになるとは・・・・

 さらにカヤックを乗せたもっちさんも集合し、ルアー談義へ。自分が小学生の頃、ルアー釣りの本に載っていたルアー紹介にでていたようなルアーがゴロゴロ。

 そしていざ最初のポイントへ。まじで?ってとこでした。自分だったら絶対ここで釣りしないような、鯉以外がいるとは考えられない所。そんなとこでルアー引いちゃいますか?そうですか。自分は特に何もなし。沙魚ちゃんのベイトリールのブレーキをいじってたくらい。でも、もっちさんは早くも一匹。unokenさんもかからないがルアーにでたらしい。そして沙魚ちゃんにも一回。やばい自分

 二か所目、いきなり橋の上からナマズ発見。そしてもっちさんのルアーに反応、ついて行くのまで見えた。逃げてしまったが
 banzyさんのコーチを受けつつ沙魚ちゃんと二人で打っていると、沙魚ちゃんのルアーにガポっとナマズがでた。そしてとうとう自分のキャタピーにもガポン、反射的に合わせを入れようとしてしまった。微妙にルアーが前進して空振り、合わせちゃだめだよと注意を受けそれでもしばらく引いているとピチャン、ピチャン、ピチャンとまた反応が、そして沈み込むケミホタルの光とbanzyさんのかかってるとの声。合わせると軽い感触が。小さいのでごり巻き。そして一気に抜きあげ。とうとう初ナマズゲットの瞬間が!ぼちゃん。親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。小学校にいる時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かしたことがある。 なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかもしれぬ。別段深い理由でもない。これは坊っちゃん

 まさかの抜きあげバラシ。その後も何度も出ました。なかなか乗らない。banzyさんのここは絶対出るって場所は本当に出ました。かからないorz難しい。かからないけど、トップウォーターでボンボン魚が出る。かかるまでなんどもなんども、本当に楽しい。アインシュタインも言っています。「熱いストーブの上に一分間手を載せてみてださい。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです」楽しい時間は過ぎ去り、解散となりました。

 今回写真一枚もないです。釣れたら撮ろうぐらいに思っていたのですが釣れず。途中はもう、夢中で写真の事なんか遙か彼方に置き去りでした。

 沙魚ちゃん送り、一人帰る。そして、帰り際一人開拓。今日ナマズ塾で色々教えてもらって、同じような場所が思い浮かんだ。そこを試してみる。一つ目は池と池をつなぐ水路。この池にはナマズが居るのはわかっている。一昨年よくベリーの店員に誘われていた。夜、サスケとかワンダーを投げるとバスが釣れる。外道でナマズがよく釣れるとか、バス釣りをしていた頃に夕方ごろからナマズの餌釣りの人が来たり、根掛かり回収機を使ったらルアーとひっかけた麻袋が回収できた。麻袋には自分以外がひっかけロストしたルアーが付いていて、シメシメと思ってルアーを外そうとした瞬間に動き出した麻袋。Xファイル的怪奇現象かと思ったら中から出てきたのはナマズ。

 しかし、水路は反応なし。さらに狭いし流れもないからか?あと真っ暗。周囲に街灯がない。池も駄目だった。これは水深があるからだろうか?池があると水路にナマズがでてこない?脇を流れる川。こちらは流れがあるが本当に浅い。浅すぎるのか。上流の方は、昔行った記憶でいい感じそうだが・・・この川、両脇が畑もしくは雑木林で川岸が舗装とかされていない。通れない。今回は見おくった。次回は上流の方に車置いて探索してみよう。上流の方は確か川岸に小道があったはず。

 当分は海に出る事はないので、ナマズです。
今日飲み物とかボディーソープを買うついでに
P4170040.jpg
上が今日買った中古700円。ラトル入り。さてさて楽しくなってまいりました。

 最後にアインシュタインの言葉から

人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。
もひとつおまけに
「無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさ。 前者については断言できませんが」

 

プレデタープロフィッシュ 進水!!

 とりあえず行ってきました。最後に船のインプレなども少し

 お金が無い。釣り具とかアウトドアグッズとかを売りに出してしのいでいます。今回の予算は1000円。風の予報見ると10時位から風が弱まり夕方から強くなるようだ。風の弱い聖地富津か、中間のラ・セレナか、風は強いものの湾の形で北風が防げるところを探せる館山湾か・・・迷って結局、初めてカヤックに乗ったラ・セレナにした。験を担いで

 どうせ朝一は風が強いだろうとゆっくり目に3時45分ごろ出発。予算は1000円(ガス代は除く、今はいってる分で頑張る。バナナはお菓子に含まない)なので、家からほぼ飲み終わりの2リットルのペットボトルのお茶、パン、叔父から箱で貰った250ml缶のお茶、バナナ等々準備も万端。

 今回珍しい事があった。国道16号を走っていて初めてアクアラインより北側で、シットオントップカヤックを乗せた車に出会った。しかも4台の車列!流行ってきたなーと思ったら2台はオレンジのライド、これは!と思ったら鬼パドルRideingの、のっちさんでした。という事は後ろのあの車種は・・・あみパパさんでした。よっしゃ!このお二人=ティップラン&爆釣。今日場所がかぶったら釣れたも同然!!
 流石地元ナンバーの方たちは道も知っていてスムーズで早いですね。あっと言う間に見えなくなっちゃいました。自分は一人、いつもの第一釣り具でアミエビを購入。アジでも釣ろう

 現場には7時半くらいに到着だったと思う、もう覚えていない。沖には先に浮いてる人がいるみたいだ。風は、全然弱い。早速準備開始するが、プレデターが重い。重いのは百歩譲っていいのだがサイドの持ち手が無いので準備が大変だった。早くもかなり下を傷だらけにしてしまった。
P4110020.jpg
P4110021.jpg

 8時には漕ぎ出ていたようだ。まずは自作ロッドでティップラン。去年4月に館山で初ティップランで初ティップランイカをゲット水深は10m。館山よりはちょっと北側なのでもうちょっと深くと思い15mくらいから始めると、早速20mのとこで一杯目ゲット。
P4110022.jpg
 30分もしないうちに1杯目。サイズは400gくらいで秋ならいいサイズだが、今日は快調な滑り出しだしこの後キロアップをバンバン釣る予定なのでリリース。イカ沈黙orz先週館山が濁っていたそうだが、今回もそんな感じ。去年の館山死の濁りを思い出す。水中にびっしり細かいゴミの様なものが漂っていた

その後は、ティップランついでに魚探が反応するたびにサビキを落としたりするがそちらも無反応。沖でロブさんに会いました。既にキロアップのアオリ、スミイカをゲット済み。しかも、その後ロブさんが何やらでかい魚を掲げてる。形が鯛。見に行くともう閉まっちゃってましたが黒鯛、しかもサビキだそうで。他にもアオアジを一匹。

 こうしちゃおれんと頑張るも底付近の反応は何やっても無反応。中層に大規模な反応がでるも
P4110023.jpg
P4110025.jpg
P4110024.jpg
イワシ入れ食い。4点がけとかで上がってくるのだが今欲しいのはこいつらじゃない。もう少し経ったら泳がせの餌用にキープしたいが

 その後、水深が30mから20mにグッとあがるブレイクを発見。ここで反応があったらアジに違いない。と何度も何度も流すと、小さいアジを捕獲。体高が低くマアジっぽくない。そして、何度流し直しただろう遂に教科書的なアジの反応がでて、アジゲット!
P4110026.jpg
 が、続かない。自分の知ってるアジ釣りは反応を見つけたらあとは入れ食い。100匹釣れるらしい。自分の知ってるアジ釣りと違う。1流しで釣れても一匹。10流ししてもかすりもしない。そんな感じでした。

 何回流し直したか忘れましたが何もない所でフラッシャーに一瞬影が。画面には殆ど映ってないしアラームも鳴って無いがごく薄い点が。落としたらヒット。凄い引く。上がってきたのはかなり良型のアジ。針を外して、すぐ落としながら魚をしまってると、また着た!今度は18センチくらいのアジだが慎重に寄せてきて、水面で口切れで逃げられ。悔しいのですぐさま落として着底、1シャクリでもうヒットしてる。ロブさんに手を振って呼びつつ寄せてくると、尺っぽい超良型。

 プレデターの魚探設置スペース使ってないのですがそこに水が溜まってるので、血抜きに使ってました。ナイフでエラ切ってそこに頭を下にして放置。動かなくなったのでビニール袋に入れようとして掴んだら最後の抵抗を見せ、ぽちゃん。背後を振りかえると水面に浮いていたので網で回収。本当によかった
P4110027.jpg

 お昼になって風が少しずつ強くなってきた。風で水面が崩れ出すくらいだから・・・6mかあっても7mくらい。ターポン140の時一番嫌いな状態だった。逆にもっとうねりが大きくなると乗っかるのだが水面が細かくラフだと乗馬マシンみたいな感じ。常にグラグラしてるというか船底を叩かれてる感じになるのだが、プレデター全然平気。なんかもうズルい。でも、これだと気付いたらもう自分の限界ぎりぎりまで平気で、もう駄目だって思った頃には時すでに遅しってなってそうな気がする。

 一回、昼食、昼寝タイムで12時半に岸に戻り。1時半ごろからもう一度海に出る。

 べた凪。本当にべた凪。ティップランができないくらい穏やか。これは富津や盤洲でシーバスやったら気持ちいいんだろうなーって思いながらひたすら魚探見ながらアジを探す。結局イワシを一杯釣っただけで終了。4時に撤収。イワシが釣れたらそのままサビキを底まで落として放置、ヒラメが釣れた!ってのを期待してみたが何もなし。
 最後釣り具を片付け色々やってみた。立とうとして沈したり、センターハッチに腰掛け、フロントハッチのほうに足を投げ出してカヤックの前半分に乗ってみて漕いでみたり。それで沈したり

 プロフィッシュについてる魚探設置のためのスペース。
P3190033_20110411135133.jpg
 この穴は底まで貫通していて振動子を落とせる。しかし、穴の前の四角いスペース。何のためのスペースなんだろう?最初はバッテリーや魚探本体を置いておくスペースだと思ったのだが、うねりや漕いでいると振動子の穴から水がわき出しあっという間に水がたまった。どんどん水がでてきて掛け捨て温泉のようになっている。
 何に使うかわからないのだが、魚探はハッチの蓋に移設したのでここはフリースペース。水が溜まるので、サビキで確保した生き餌の確保に使える。今回は釣ったアジは一回こちらに入れて生かしておいて区切りが付いたらナイフでえら切断。しばらく漕いでいると水が大体入れ替わるらしく水の色が赤から透明に戻った。生簀、血抜きスペースに使えそうです。

 他にも色々気付いたり思う所はあるのですが長くなったので詳しくはまた今度、釣りに行けずネタが無くなった時にでもします。

P4110028.jpg
P4110029.jpg
P4110030.jpg

 最初の一匹を除いてすべて20センチ以上。でも4匹。次回は100匹くらい大釣りがしたい。帰りにFUNさんで配って、帰り道後輩に配って、ご近所さんに配ってちょうど自分で食べる分になるくらいに

 


 

色の事色々

 カヤック55ステッカーが来たので貼りつけました。

 とりあえず1買い物ごとに一枚注文の予定です。貧乏なので、次はGoproとステッカーの予定。次はパドリスト、そして秋にはドライスーツ!お金ない。

 タックルボックスや車、カヤック等どこに張るか迷うところですが今回は・・・車。タックルボックスはもう色々あって張るスペース無し。カヤックはひっくり返して車に乗ってるので

 先週土曜に行くはずが風で断念。積みっぱなしなので今現在車はこんな感じ
P4080016.jpg
うーん・・・・色があってないですね。ターポンの時はカモカラーで、しいて言えば緑色っぽい色だったので違和感無かったのですが赤い車に青いカヤックってなんか浮いてますね。赤と緑は補色なので相性がいいんです。

 赤には、黒がいいですよね。あとは少量の白。ガンメタもいいですよね。アルミホイールは黒かガンメタです。ホイールはあるのだけどタイヤが無くて一年間べランダで寝ています。今回のステッカーは青なので・・・と思ったのですが、送られてきた実物を見るとHPで見たのより全然濃い。紺っぽいかんじで、凄く渋い。むしろかっこいい。ちなみに青には白、金、黄色が似合いますよね。ガンダムでもマクロスでも思い返してください。

日本人、もっと大きく言えば中国の影響を受けたとこは赤、青、白、黒が大好きです。唯一この四色+太陽とか季節の色である黄色だけが、いをつけて形容詞にして使えます。赤い、青い、白い、黒い、黄色い。朱雀とか玄武の色です。玄は黒です。緑い、橙い、紫い、言えないはずです。茶色は言えるけど色がついてるからでしょうね

 ステッカー張る時は、ともかく脱脂、ひたすら脱脂。いつもはブレーキクリーナーですが見当たらないので、去年車の塗装の時に使ったシリコンオフで拭きます。
P4080017.jpg
きちんと脱脂するのとしないのではステッカーのもちが全然違います。
P4080018.jpg
 リアは大分ガラスが傾斜してるので見えにくいのでサイドに。フューエルリッドもサイズできありだったのですが赤の中に青がなじまなそうなのでガラスに。

 そういえば数ヶ月前に張った自作のカッティングシートはまだ全然大丈夫でした。テストが完了したので次はカヤック用です。自分のテストが終わったらorz
P4080019.jpg


タチコマ用シート!(バイキング純正シート&CODセルフインフレータブルシート)

 本当は今回のタイトルを「そのもの、青き衣(ドライスーツ)をまといて、金色の海に漕ぎだすべし・・・」にする予定が後から自分で見た時にわかりにくいのでシンプルにしました。ちなみにドライスーツはトレントドライスーツです。
P4050007.jpg
翼部分にアルファベッドで文字を入れたいのだが文字盤が大きすぎて入らない。レタリングすればいいのだが・・・時間が無い。今回は、単純なのでここまで30分くらいでサクサクできました。まあ、漫画版ナウシカを詠んだ時間を除けばですが。2巻と6巻が行方不明。高校の時、駅までの本屋で買って、帰りの電車1時間半を使って読んでました。大判なのに一冊300円くらいで安かったから。ちなみに両親曰く、お前が一番見た映画はナウシカだそうです。ビデオが擦り切れた。泣いてる時に何故かナウシカのオープニングで泣きやむそうな。あの風の音と壁画っぽいので
 ちなみに個人的にはトイストーリーな気がする。弟が好きで好きで、もう精神病患者のように見てた。何故かわからないが家にいる間ずっと。一時期、台詞をほぼ暗唱できた。一人トイストーリーできたし

 さて、先週土曜日の昼でしょうか?起きて下に行くとなんかプチプチのビニールに包まれた物体Xが置いてあった。伝票を見ると自分宛らしい。差出人を見るとDデザイン・・・・Kayak55?あれ?この前注文したCODのシートはもう先日着いてるし、発送ミス?そして横を見ると
P4040005.jpg
?え???タチコマ用シート?剣菱重工から?そんな兵器用のシートなんか注文した記憶なにのに。中を開けると・・・

 写真撮り忘れました。

 でも、おおーーーー、バイキングカヤックス純正シート!!

 買う時に、お店にはシートついてないから適当に他のシートつけてよと言われたのですが、先日プレデターの素性が判明した折りにホエールさんからシートあるよとありがたきお言葉が。 しかも、すれ違いまくる父親を日曜夜にやっと捕まえて聞いてみた所、着払いではなかった模様。申し訳なさ過ぎて涙が出てくるレベル

 さらに、今回は純正シートだけでは使いません。シートが無い時に、シートどうしようと思ってバイキングカヤック シートや、プレデタープロフィッシュ シートでググってでてきたページ。

 おケツのお共にC.O.D
 kayak55.com公式ブログです。なんと、当時プレデタープロフィッシュに乗っていた時のインプレ&紹介記事。これはもう、買いでしょう。となる所ですが貧乏学生の財布の紐は固い。それはもうガモーノカーチャンノサイフノヒモ並みに固い。ちなみにガモーノカーチャンノサイフノヒモは・ガンジョーダXの952倍、ジャンプノヘンシュウブトビラの87倍の硬さ。
 そして、Kayak55.comの東北地方太平洋沖地震 救援募金ステッカー。カートに入れて清算に進むと送料が表示されない。ステッカーだけ買って送料がかからない、55負担?勿体ないと思った私は一緒に注文すれば、同梱。でかいものにステッカーを入れればスペースなんかとらないしステッカー分の送料かからないと思いポチリ
P4050012.jpg
裏面のバルブを開けて空気を入れたり抜いたりできます。
P4050013.jpg
 空気入れ無い方がいいと思います。空気はある程度までつぶれますが、一定までつぶれると体積かわりません。なので空気入れすぎるとケツの形に変形はするけど固さは無限大の何がしたいのかよくわからないシートになっちゃいます。中にスポンジが入ってるのでそれのクッション性と反発力をわずかに感じる程度。空気を入れないか(地上の気圧)、ちょっと抜いたほうがいいのかもしれません。まだ乗って無いのですが、空気を入れすぎて厚くなりすぎると重心が高くなって不安定さを感じてしまうかも。以前違うエアーシートでパンパンにしたら沈しかけました。

 バイキングの純正シートはこんな感じです。
P4050008.jpg
背もたれ、座面ともかなりしっかりとした生地です。中身も分厚く固く、型崩れしなさそう。洗濯機に突っ込んで普通に洗いましたが何ともなし。ただ座面固いです。かなり固いです。ターポンの備え付けシートよりも、ファルトのシートよりも。多分小学生の時使ったビート番くらい固い感じです。一応表面数ミリは柔らかい?布の感触が。先にC.O.Dセルフインフレータブルシートを買っておいてよかった。
 背面のポケットはかなり大容量です。
P4050011.jpg
近くにあったトライガン・マキシマム4冊とジョジョのコンビニ版が一冊入りました。アクエリアスのでかい四角いペットボトルが入りそうな勢い。上は飛び出るけど。

 セルフインフレータブルシートと組み合わせて
P4050014.jpg
 セルフインフレータブルシートのゴム紐を掛けて使います。

 この前の土曜に聖地で進水式をする予定が、風強そうなので断念。来週は、9日の土曜日がフリーマーケットなのに朝9時から夕方6時まで国家公務員Ⅱ種の模試。なら、模試終わってストレス発散に日曜行くぜ!聖地か館山でキスか、ターポンも進水式したラ・セレナだ!!と意気込んでたんですが・・・よくよく考えるとその次の週の土曜日は市役所の地方上級関東型の模試orz

12日以降中止になっていた公務員試験対策講座が再開しました。4月一杯はとりあえず。受かれば面接対策で池袋に行かねば。定期買おうとして・・・通学定期じゃない。改めて無職という現実を実感し落胆しました。やばいよ、やばいよぉ。年金の振り込み用紙も送られてきました。もう学生特例納付制度も使えない。4分の1免除か免除してもらいに市役所に手続きに行かないと。法学部でよかった事は社会政策論Ⅰの講義で年金、社会保険(医療保険、失業保険)に詳しくなった事。ちなみに年金を全く払えない場合でも、免除手続きしていれば税金分の半分は将来頂けるのです。この状況で月1万5千円は鬼畜すぎる




プロフィール

インプ乗り

Author:インプ乗り
 Double×Crossの管理人、本家サイトにはリンクからいけます

立教大学5年崖っぷち。趣味は釣りと車と・・・勉強(嘘。で、シーバスとかソルトルアーを・・・・最近は勉強をメインに活動。最近公務員試験の勉強を始めました。

 セミナーでとあるプロが放った一言「じゃあどんなレベルの話しをしようかな・・・手を上げてください。まずとりあえず100匹は釣って初心は脱した人」・・・・・とりあえず100匹以上は釣って初心者は脱しました。最大81センチ、カヤックだと85センチ。目標はとりあえず90オーバー。最終的にはメーター狙い。あと5キロ以上の青物が釣りたいと思う今日この頃

2010年の目標は、イカ、鯛、シイラ、メータースズキ、ブリの順です。多分大学生最後の一年・・・・全部クリアして燃え尽きてから社会人になりたい

2009年から何故かツンデレキャラになりました。コメントもらうとめんどくさい。でも嬉しい。勘違いするなよ・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログカウンター
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。